最新情報・コラム

column

ADHDにはストレス耐性が低く感情が不安定という特徴もあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人は、ストレス耐性が低い傾向にあるといわれます。
また、感情のコントロールが苦手で他人からの何気ない言葉に
深く傷ついたり、ちょっとしたことで怒りの感情を爆発させてしまったり
感情の起伏が激しく不安定なことが多いです。

こうした特徴によって人間関係がうまくいかなくなったり、
苦労することも多いので、それを周囲が理解しながら
サポートしてあげることがとても大切になります。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「コウモリで積み木拾い」をご紹介します。

鉄棒に両膝をかけて逆さまにぶら下がり、「コウモリ」に変身します。
そこから両手を離し、下に置いてある積み木を拾います。

拾う積み木は、指導者が指示を出します。
「トマトの色の積み木」や「青くて丸い積み木」
「この折り紙と同じ積み木」「右から2番目の積み木」など
いろいろな指示の出し方をします。
子どもは積み木を拾ったら、前にいる指導者に手渡します。

慣れてきたら積み木を置く位置を少し遠くにしたり、
さらにイメージ力や記憶力を刺激するような指示で遊んでいきます。

この遊びで、逆さまの感覚をしっかりと身に付けて
遊びの幅を広げたり、頭と体を同時に使って発達を促すことができます。

また、積み木を拾う時や渡す時に、上体を反らせて体を起こすことで
背筋が強く養われるので、日常生活での姿勢保持にも役立ちます。
1人1人に合わせた遊び方で楽しく遊び、
たくさんの力を発達させていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る