最新情報・コラム

column

ADHDの症状改善には運動療育が効果的です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達は、注意力や集中力が持続できないために
学習にも影響を及ぼすことが多くあります。
ADHDがある人は脳の前頭前野の活性が弱いことが指摘されているので、
運動によって前頭前野の活性を高めることが
障害による症状の改善に効果的です。

運動療育プログラムの「カップタッチクマ」をご紹介します。
床に赤、黄色、緑などの複数の色のカップを
間隔を空けて並べておきます。
子どもはクマ歩きで、そのカップをタッチしながら進みます。

クマ歩きでカップタッチをすることができたら、
次からはタッチする色、タッチしてはいけない色を指定します。
「黄色だけタッチ」「黄色と赤以外の色をタッチ」
「赤はタッチしてはダメ」「ほうれん草の色をタッチ」
「赤→緑→黄色の順番にタッチ」など
いろいろな言い方で指示を出すようにします。
子どもによってはカードなどを使った指示でも良いです。

考えながら動く遊びで体と脳を育て、具体的にしっかり褒めることで
自信を持って次につなげていき、心の成長も促していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る