最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年04月

発達障害の子ども達は褒められることで問題行動が改善されていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の有無に関わらず、子どもは褒めて伸ばすことが良いと 言われますが、発達障害の子ども達には特にそれが大切です。 発達障害の子ども達は、他の子に比べてできないことが多く 失敗経験を重ねてしまいがちなので、 結果にこだ […]

続きを読む

学習障害も早期の療育で困難を改善していく必要があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

学習障害(LD)は特定の分野の能力だけに障害があるので、 通級の形で特別支援学級に通って指導を受ける場合が多くなります。 早期にそうした対応をとっていくことで 発達の凹凸を少なくしたり、困難さを軽減する方法を 見つけてい […]

続きを読む

発達障害では適切な支援によって持っている能力を引き出すことができます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHD、LDなど発達障害では、適切な支援がないと 能力が十分に発揮できず、日常生活や学習面での困難が 多かったり、将来的には就職などでも苦労をすることがあります。 できるだけ早期に療育をスタートさせておくことで […]

続きを読む

ボディイメージが弱い発達障害児は体を動かす機会を増やしましょう。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

私達は普段の生活の中で、考え事をしながら身支度をしたり、 人としゃべりながら階段を昇り降りしたり、 人ごみの中で人にぶつからないように歩いたり、 複数のことを同時に行なう機会がとてもたくさんあります。 これらのことをスム […]

続きを読む

早期療育で生活がしやすくなり自信もつけられます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達の遅れが気になる子ども達には、 何といっても早期の療育が大切です。 言葉の遅れがある自閉症でも、小さいうちから適切に 療育を受けていくことで、生活の中で不自由なく 会話をしたり意思の疎通ができるようになってきます。 […]

続きを読む

子どもの困った行動には理由があり、適切な対処が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達と生活をしていると、 子どもの気になる行動が目につきやすくなります。 そんな時、頭ごなしに叱ったり無理にやめさせると かえって行動がエスカレートしたり、いつまでも改善できません。 その行動の裏にどんな理 […]

続きを読む

発達障害では字がうまく書けない事があり、原因に寄り添った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、字をうまく書けない子が多く見られます。 がんばって書いたけれど自分でも読めなかったり、 鏡文字になっていたり、枠からはみ出してぐちゃぐちゃになってしまったり。 発達障害の子がうまく字が書けない […]

続きを読む

女性のADHDは見過ごされやすいですが支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

女性のADHDはなかなか気付かれないことも多く、 大人になってから診断されるケースも少なくありません。 子どものうちは「おっちょこちょい」とか 「そそっかしい」で済まされていたことも、 大人になると時間や約束を守れないこ […]

続きを読む

発達障害でのパニックは言葉の発達と共に減っていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自閉症など発達障害を持つ子ども達は、 私達からすると”ちょっとしたこと”でパニックを 起こしてしまうことがあります。 そのため、発達障害の診断がつく前の段階では いつどこでパニックを起こすかわからないので、 親御さんも苦 […]

続きを読む

どの発達障害でも早期の対応や療育が将来のために必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

人間の基礎の部分は、幼児期に形成されます。 つまり、保育園や幼稚園の時期というのは最も重要で、 この時期がその子の将来を大きく左右するといっても 過言ではありません。 子どもの発達について気になることがあった時、 「様子 […]

続きを読む