最新情報・コラム

column

発達障害では運動が苦手、手先が不器用という子が多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達の中には、運動が苦手だったり
極端に手先が不器用という子が多くいます。
中には、発達性協調運動障害を併発している子もいます。

体をうまく使えないことは運動の場面だけではなく、
日常生活の中でも転びやすかったり、椅子に長く座っていられない、
字を書く時の筆圧が弱い、はさみや定規がうまく使えないなどの
影響があり、多くの困り事につながっている場合があります。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、運動療育を主軸とした
療育活動でこうした困り事の改善を目指しながら、
スモールステップで多くの成功体験を積み重ね、
自信につなげられることも大事にしています。

今日はこどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムの
「線路グーパー跳び」をご紹介します。

床に、テープや縄などを使って2本の線を引き線路を作ります。
この線路をグーパー跳びで渡っていきます。
線路の中は「グー」の姿勢、線路の外は「パー」の姿勢で
ジャンプしながら進んでいきます。
1回1回の動きを大きくはっきり行なうのがポイントです。
線路をよく見て踏まないように気をつけて進みましょう。

グーパー跳びがしっかりできていないと、考えることに
精一杯で前に進めなかったり、慌ててしまってグーパーの動きが
おろそかになってしまいます。
まずは足だけの動きで練習したり、子どもと向かい合った状態で
鏡のように動きを示してあげるなど、
その子が一番やりやすい方法でできるところから行なっていきましょう。
子どもの段階に合わせて、スモールステップで進めていくことが大切です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る