最新情報・コラム

column

ASD,ADHDの子どもでは体幹の弱さが目立つことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHDの子ども達には、体幹の筋力の弱さが目立つことがあります。
体幹が弱いと、じっとしていられないので多動になったり、
姿勢保持が難しい、疲れやすいといった影響もあります。
少しずつで良いので、力をつけていけるように
ジャンプ遊びにも挑戦してみてください。

運動療育プログラムの「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。
ゴム紐を張って、高さのある障害物を作ります。
それを、両足をそろえたカンガルージャンプで跳び越えます。
低めの高さから挑戦し、ゴム紐に当たらずに跳び越す練習をします。

跳び越せるようになったら、次はできるだけ音がしない
静かな着地になるように、腕を振って膝のクッションを使い
足の指先を踏ん張るように意識します。

高さのある障害物を跳び越えることで、跳躍力や空間認知力が養われます。
そして、静かな着地を目指すことで全身のクッションを活かした
柔らかいジャンプができてきます。

成功体験や達成感をたくさん感じながらできるように、
スモールステップで進めていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る