最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年03月

ADHDのケアレスミスの多さにはその子に合った解決方法を見つける必要があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの特徴として、ケアレスミスの多さも挙げられます。 それは日常の中のことでも勉強でも仕事でも起こり、 内容は理解しているのに、ケアレスミスで失敗を繰り返してしまいます。 もちろん誰にでもケアレスミスはあることですが […]

続きを読む

だんだん複雑になる人間関係の中では適切な支援をうけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

人間関係というものは、年齢が上がるにつれて複雑になります。 子どもが成長発達していく過程では、 発達障害の有無に関わらず、人間関係や周囲の環境に 大きく影響をうけていくものなので、 適切な支援や理解が得られることが最も大 […]

続きを読む

ADHDの衝動性は大人になっても残ることがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子どもの中には、良し悪しや先のことを考えずに 思いつきで行動に移してしまったり、 言葉に出してしまったりする衝動性が強く見られる子がいます。 相手が話している途中でも、授業中や静かにしなければいけない場面でも […]

続きを読む

早期発見のために発達障害の年齢ごとの特徴を知っておくことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

幼児期の子どもの発達は個人差が大きく、 平均より遅いからといって即問題になるわけではありませんが、 「他の子より少し遅いだけ」「いつかできるようになる」 と何もせずにいると、もし発達障害があった場合には 適切な支援・サポ […]

続きを読む

発達障害の子ども達は自信を持つことで適応力が上がってきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 苦手なことやできないことも多くありますが、 得意なことも持っていることが多いので、 それも認めて自信をつけるようにしていくことが大切になります。 自信をつけて落ち着けるようにな […]

続きを読む

LDと勉強嫌いの区別は難しさを伴います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

学習障害(LD)と勉強嫌いの区別は、素人では難しくなります。 勉強嫌いの場合は、一定時間勉強することで理解できますが、 LDの場合は、がんばって練習や勉強をしても、 特定の分野だけが目立って理解できません。 苦手な分野を […]

続きを読む

発達障害は本人の努力だけでは改善できず周囲の支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

小学校1年生の1クラスの人数は、先生1人につき35人までと されていて、2年生以降は40人までに増えます。 普通学級での授業は一斉指導なので、 もし配慮が必要な子がその中にいれば、 その子はとても苦労を強いられることにな […]

続きを読む

発達障害の診断がなく支援を受けられていない子ども達が大勢います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

保育園・幼稚園のうちにASDやADHDなど、すでに発達障害の診断が 出ている子ども達は、園生活でも手厚い支援がされ、 療育施設に通うなど対応をとられていることが多いですが、 診断が出ていないがその疑いがある段階の子ども達 […]

続きを読む

ASDやADHDに多い睡眠障害は早期の対応で改善をはかることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自閉症スペクトラムやADHDなどの発達障害のある子ども達は、 睡眠障害が現れることがよくあります。 睡眠障害の状態が長く続くと、本人はもちろん親や家族もつらく、 日常生活にも悪影響が出てきてしまいます。 早期に適切な対応 […]

続きを読む

発達障害の子どもへは学校以外での療育も大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の傾向がある子ども達が小学校で通常学級に通う場合は、 まず授業の45分間机を離れず座っていられること、 大きな音を出したりして授業を妨げないこと、 先生の指示通りに行動できることや集団行動ができること などが前提 […]

続きを読む