最新情報・コラム

column

ADHDでの頭の中の多動は消えないので早期の対応が大切になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人達はいつも脳がフル回転とか、頭の中が多動だと
表現されることが多いと思います。
そのため、家の中でも学校の授業中でも外出先でも
いつも興味のおもむくままに動きまわってしまったり、
何か課題をするという時にも、1つのことに集中して最後まで
やり切ることはとても苦手な傾向にあります。

年齢が上がるにつれて少しずつ前頭前野も発達し、
処理できる情報量が増えたりもするようですが、小さい時はとにかく
集中以前の問題であることも多いようです。
また、成長と共に体の多動はなくなっていくことが多いですが、
頭の多動は残っていて支障をきたしてしまうことも多いです。

うまく付き合っていくためには、周りの人にサポートしてもらいながら
自分なりの対処法を身に付けていくことが大切なので、
子どもの頃からの療育活動はとても重要です。
子ども達の将来の姿を見据えた支援をしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「すずめポイントジャンプ」をご紹介します。

まずは鉄棒の上ですずめに変身します。
すずめの姿勢から、足を数回前後に振って勢いをつけ、
タイミングよく手を離して後方にジャンプして跳び下ります。
着地ではフラフラせず、ピタッと止まれるようにしましょう。

鉄棒から手を離す時に、両手で鉄棒を押すようにすると遠くまで跳べます。
手を離してジャンプをするタイミングがとりにくい場合があるので、
最初のうちは、ジャンプの時に「1,2,3」と掛け声をして
タイミングをとりやすいようにしてあげましょう。

足振りが不十分で勢いが足りなかったり、
ジャンプのタイミングが合わないと、うまく跳べずに
鉄棒に顎をぶつけてしまうことがあります。
補助者は子どもの胸の辺りに手を当てて軽く押してあげたり、
鉄棒に手を置いて、顎がぶつかっても痛くないようにするなどの
補助をしてください。

慣れてきたら、着地ポイントにテープなどで目印をつけ、
そのポイントに着地できるようにしたり、
色違いの複数のテープを間隔を空けて貼っておき、
何色に着地するか宣言してから跳ぶようにするなどの遊び方で
少しずつ発展させていきましょう。

ただ跳ぶだけではなく正確性を大事にして遊んでいくと、
後方への感覚を高めたり空間認知力を高めることができるので
いろいろな遊び方で提供してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る