最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年10月

最近は足裏が未発達な子が多いので、運動療育で発達を促します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

現代の子ども達は、運動不足や生活環境の変化などによって 足裏の発達が遅れている子がとても多くなっています。 特に足の指先を使うことが減っているので、踏ん張りがきかず、 体のバランスをとるのが苦手で転びやすかったり、 まっ […]

続きを読む

子どもに合わせた学習環境を整えてあげることで能力向上につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHD、LDなどの発達障害がある場合、特別支援学校や特別支援学級に 通うことが必ずしも良いとは限りません。 中には通常学級に籍を置いたことでどんどん能力が育つ子もいます。 ただ、発達障害特性が弱くても通常学級に […]

続きを読む

発達障害特性は良い方向に伸ばしてあげれば強みに変わります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDと聞けば、落ち着きがなくそそっかしい、すぐに暴れたりする 問題児とネガティブなイメージを持っている人がいます。 しかし、ADHD傾向は必ずしもマイナスな面ばかりではありません。 周囲が良い方向に伸ばしていってあげ […]

続きを読む

発達障害ではその子のできるやり方で生活スキルを獲得していきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDでコミュニケーションの苦手がある子ども達は、 自分で何かを要求、拒否、選択することが困難です。 「これは嫌いだからやりたくない」と思っていても、 それを言葉にして相手に伝えることができないので 無理にやらされてパニ […]

続きを読む

発達障害は目に見えにくいので周囲の気付きと対処が重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は目に見えない障害のため、周囲の人の気付きと理解、 そして支援が必要になります。 例えばASDがあっても、生活面では自立していて、多動や言葉の遅れもない 場合などは、一見おとなしくてしっかりしている子に見えます。 […]

続きを読む

ASDでは人との距離感がつかみにくいことがあり早期の対応が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

人にはパーソナルスペースと呼ばれるものがあり、 その距離より近寄られると不快に感じます。 ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達はこの理解が難しく、 急に抱きついたり、近づきすぎて友達に嫌がられてしまったり、 しつこく話 […]

続きを読む

発達障害の子ども達1人1人の特性を理解した支援で力を伸ばしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持った子ども達は、脳の使い方が特徴的です。 そのために、他の人と同じ経験をしても違う見方、考え方、感じ方をします。 それによって、本人はがんばっているつもりだったり、 全く悪気はなく普通のことだと思ってしたこと […]

続きを読む

ADHDによる症状は誰にでもあり得るものが多く見過ごしてしまうこともあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDに見られる、不注意、多動性、衝動性の特徴の1つ1つは、 誰しも持っているものが多く、子どもなら尚更です。 そのため、自分がADHD傾向があることに気付かずに生活していて、 失敗を繰り返したり、それを周囲から注意さ […]

続きを読む

発達障害では体幹が弱く日常生活に支障を来たしてしまう場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、筋力が弱くて日常生活に支障を来たして しまっている子ども達がいます。 食事や勉強の時間、テレビを見たりお絵かきをする時も 座り姿勢が保持できず、肘や顎をついていたり、 ジャンプ遊び、階段の昇り […]

続きを読む

発達障害の行動特性は大人になるにつれて困難が増すので早期の対処が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害特性があっても、子どものうちは周囲のサポートもあり それなりに生活ができたりします。 しかし、大人になるにつれて親や家族といった理解者と離れて 生活することが増え、ストレスや困難が多くなることがあります。 また、 […]

続きを読む