最新情報・コラム

column

ADHDでは自信が持てず傷つきやすい子ども達が多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達は自分に自信がなく傷つきやすいという一面があります。
いつも一生懸命がんばっているつもりなのにできない、
親や学校の先生、まわりの友達から注意を受けてばかりいる。
こうした失敗経験や挫折経験などが積み重なることで
「自分はダメな人間なんだ」と思い込み、どんどん悪循環に
なっていってしまいます。

療育によって、自信が持てるように褒めたり励ましたりしながら
少しずつできることを増やしていったり、苦手を補う方法を
身に付けていけるように支援をしていくことが必要です。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「スキップの途中で大ジャンプ」をご紹介します。

まず全員で自由にスキップをします。
指導者は途中で笛やタンバリンなどで合図を出します。
合図があったら子ども達は止まり、「1,2の3!」でその場で
大きなジャンプをします。
大きなジャンプをするためには、腕振りと足の振り上げが重要です。

スキップと大きなジャンプの違いがわかりにくいかもしれないので、
最初に指導者がわかりやすく見本を見せましょう。
また、スキップの途中で大ジャンプをする時は「1,2,3」の
タイミングに合わせて指導者や周りの友達と息を合わせることが大事になるので、
周囲を意識する力、社会性も養われます。

ジャンプの後の着地でバランスを崩してしまう場合は、
足の指先の踏ん張る力、腹筋背筋など体幹の筋力が弱いことが多いので、
日頃の取り組みの中で意識してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る