最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2019年02月

子どもの意欲ややる気が療育の効果を左右します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達に身に付けていって欲しい力はたくさんありますが、 こちらのタイミングだけで教えても スムーズな習得は難しいですよね。 何かに挑戦して欲しい時は、子どもがある程度 そのことに興味を持ち、やる気になる必要があります。 […]

続きを読む

子どもの将来を見つめ今必要な支援を行うことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れがあり療育を受けている子が 小学校に入学する時期になると、多くの親御さんは 普通学級に入れるか、特別支援学級に入れるか、 通級にするか、とても悩まれると思います。 一番大事なことは、子どもの現時点の状態を正確に […]

続きを読む

困り事の解決は親にも子にも大きな自信になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達やそのご家族は日々の生活の中で とても多くの困り事、悩み事を抱えていると思います。 その困り事全てを解決するのは難しいことですが、 1つでも2つでも困り事が少なくなるだけで 全然違ってきます。 困り事に […]

続きを読む

動ける体作りは子どもの総合的な発達につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の中には、立ち姿勢や座り姿勢を維持することが 難しかったり、すぐに寝転んでしまう子がいます。 これは決してだらしがないとかやる気がないとか いうことではなく、体幹の弱さからきていることが ほとんどなので、体を動か […]

続きを読む

療育で子どものやる気や意欲も育てスキルアップにつなげましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達は、苦手なことやできないことが どうしても多くあります。 周りの子はそんなに苦労しなくてもできるのに 自分だけができない、わからないことが積み重なると 自信も自己肯定感も低下し、 「どうせ頑張っても […]

続きを読む

適切なサポートで子どもの「できる」を増やしてあげましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害特性を持つ子ども達では、持ち物管理が とても苦手な子が多くいます。 保育園・幼稚園のうちは持ち物の量も少なく、 毎日ほとんど同じ物で、親の目もよく届きます。 しかし小学校に上がるととたんに持ち物が増え、 毎日の時 […]

続きを読む

療育者の適切な関わりで社会性の芽生えにつながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に偏りのある子ども達、中でもASD傾向のある 子ども達では、遊んでいる様子を見ると 自分とものの2つの関係だけで遊んでいることが 多く、ものを介して他人と遊びを楽しむような 3つの関係はほとんど見られません。 遊びの […]

続きを読む

通級利用者も増えていますが子どもを伸ばす最適な環境の選択が大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ほとんどの小中学校には特別支援学級があり、 在籍児童は年々増加傾向にあるといいます。 また、普通学級に籍をおいて通級を利用する子も 増えています。 通級制度は、発達障害の診断がなくても 通えることが多く利用者も増えていま […]

続きを読む

発達障害ではイライラしやすい傾向があり適切なサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達はイライラを感じやすく、 それがパニックやかんしゃく、自傷行為や他害行為などの 問題行動につながってしまうことがあります。 イライラを感じやすいのは、元々脳の特性で感情コントロールが 苦手ということ […]

続きを読む

発達障害グレーゾーンでは適切な支援で改善しやすいのも特徴です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自分の子どもが「発達障害グレーゾーン」だと言われたら、 不安になったりとても複雑な気持ちになる方が多いと思います。 また、現段階で発達障害ではないということでも、 実際に困っている症状があるのであれば 診断がないことで十 […]

続きを読む