最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2019年03月

運動が脳活動を適度な状態にし能力を発揮しやすくしてくれます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動が脳を活性化させるということは多くの方に 知られていることですが、 ADHDの子の脳をはかると、彼らの脳は平常時でも 活動が高い状態です。 なので「じっとしていられない」「話を聞いていられない」 といった多動の症状が […]

続きを読む

大人の都合ではなく子どもが必要としている力を育てていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもの言葉が遅いと、親としてはやはり心配したり 焦ったり、言葉をたくさん教えようとすると思います。 しかし、言葉はコミュニケーションをとるための ツールの1つであるという考え方もあります。 いくら単語をたくさん知ってい […]

続きを読む

早期療育で社会で生きていくために必要なスキルを育てましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、社会の中で人と 関わりながら生きていくことに困難さを感じている 子どもがとても多く、支援を必要としています。 例えば 人とコミュニケーションをとること、 人の指示を理解、判断して行動するこ […]

続きを読む

具体的で肯定的な声掛けで子どもの成功体験につなげましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

世の中にはたくさんのルールがあり、 暗黙のルールのように曖昧なものがとても多くあります。 そうした目に見えないものや自分で察して理解するものは 発達障害を持つ子ども達にとっては とても理解しにくいものです。 なので、発達 […]

続きを読む

発達障害児の得意は必ずしもすぐに見つかるとは限りません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達では、 その子の得意を伸ばすことが大事とよくいいますが、 全ての子ども達が自分の得意をすぐに 見つけられるとは限りません。 また、もし得意なことがあっても、それが必ずしも 周囲から評価されやすいこと […]

続きを読む

発達障害では特性を知ることで必要な支援や対処法につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は障害と定型の明確な線引きがないこともあり 診断がとても難しいものですが、 大事なのは診断の有無よりも、特性を知ることで 苦手なことや得意なことを知り、 日常生活や対人関係での自分なりの対処法を 見つけていくこと […]

続きを読む

発達障害の有無に関わらず子どもの自己有能感を育てることが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「自己有能感」は、子ども達を育てていく上で とても重要な言葉です。 「わたしってすごいんだ!」「ぼくっていい奴だな」と 自分を肯定的に捉えられる気持ちで、 自己有能感がしっかり育つと、少々難しいと思えることにも 前向きに […]

続きを読む

子どもに合わせた運動療育で脳のネットワークを育てていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たちの脳は、感覚情報が不足していると感じると それを補おうとする行動を起こします。 例えば耳が遠くなってくるとテレビのボリュームを上げたり しゃべり声が大きくなったりします。 歯の治療後に麻酔が効いているとき、 何とな […]

続きを読む