最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年05月

発達障害は見た目でわからず、支援方法の認知度も低いのが現状です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害にはASD(自閉症スペクトラム)、ADHD(注意欠如/多動性障害)、 LD(学習障害)などがありますが、 どの発達障害も、見た目ではわかりません。 そのため、どんなに本人が困っていてもなかなか 理解してもらえずに […]

続きを読む

発達障害特性は良い方向に伸ばせば将来強みになります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の特徴として、 強いこだわりがあるという特徴がありますが、 これは、同じ物が同じ場所になければいけない、 いつも同じ道を通って行かなければいけない、 この場所ではこれを食べなければい […]

続きを読む

運動療育と学習をうまく組み合わせることで効果が上がります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動あそびは、製作活動や学習などの静かな活動の前に 行なうことで、その後の集中力を高めることができます。 運動が楽しいと感じられるものであれば さらに良い効果があるので、1人1人の段階に合ったものを 工夫しなが取り入れて […]

続きを読む

ADHDでは物事に優先順位をつけることが苦手で、対処法を身につけることも大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDでは、優先順位をつけて行動することが苦手という特徴があります。 そのため、今目の前にある複数の課題を、順序立てて進めていく ということがとても苦手です。 さらに、気が散りやすく他のことに興味が向くと もう今までや […]

続きを読む

ADHDとADDの最大の違いは多動性の有無です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のADHDは近年認知度が上がってきていますが、 最近ではADHDの他にADDも注目されています。 この2つの大きな違いは、多動性があるかないかです。 ADHDの場合は、授業中にじっと座っていられなかったり、 教室 […]

続きを読む

発達障害での学習支援は個々の特性に合わせることで効果が高まります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害児への学習支援方法は、1人1人の特性によって様々です。 注意散漫で集中しにくい子、 抽象理解が難しい子、 ケアレスミスが多い子、 新しいことが苦手な子、 手先が不器用で字がうまく書けない子、 その子の特性に合った […]

続きを読む

自閉症児では音に敏感な子が多く、対応策を考えることも必要になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は 音に対して敏感なことが多く、 赤ちゃんの泣き声やバイクの音、 救急車のサイレンや非常ベルなどの音をとても嫌がったり 怖がったりすることがあります。 また、人によって特定の音に不快 […]

続きを読む

発達障害児が自信を持って社会生活を送るために早期療育が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LDなど 発達障害に療育を行なうのは、子ども達が自分に自信を持って 自立した社会生活を送っていけるようになるためです。 勉強、対人関係、仕事や恋愛などにおいて スムーズに生活してい […]

続きを読む

運動制限のないダウン症では運動あそびで基礎力を養っていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ダウン症は、染色体異常による疾患で700~800人に1人くらいの 割合で出生するとされています。 全般的に発達がゆっくりで、知的発達の遅れも見られます。 また、視覚障害や心臓のトラブルなど合併症が多く、 筋肉量の少なさや […]

続きを読む

自閉症児の特殊な記憶力には適切な支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 長期記憶が優れていて驚かされることもよくありますが、 短期記憶やワーキングメモリは弱い傾向があります。 ワーキングメモリはトレーニングによってある程度 高めることも可能なので、 […]

続きを読む