最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年07月

ADHDでは頭や体の多動が強くて休み下手な場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達の中にはいつもアクティブで元気いっぱい、 でも休むのが下手、という子がいます。 頭の中にやりたいことが次々浮かんできて落ち着かなかったり、 常に動き回っているタイプでは他の人より体力の消耗が激しく、 気 […]

続きを読む

ASDでは他者だけでなく自分の感情も認識しにくい場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、相手の気持ちや感情を 推察しにくいという特徴がありますが、 他者だけでなく自分自身の気持ち、感情にも気付きにくい傾向が あります。 自分の中の喜怒哀楽の感情がよくわからずに、 た […]

続きを読む

発達障害では将来に向けた支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDは、前頭前野を含む脳の働きに偏りがあるとされていて、 それによって「不注意」「多動性」「衝動性」といった 症状が現れます。 これらの症状が強いと、スムーズな社会生活を送るのが 難しくなってしまいます。 ADHDを […]

続きを読む

どんな良い活動でも子どもがやらされていると感じると効果がありません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達にいろいろなことに取り組み、 生きていくのに必要な力を身に付けてほしいと思っても、 なかなか子どもがやる気を出してくれなかったり、 始めてもすぐに諦めてしまうという保護者の方の声があります。 子どものや […]

続きを読む

発達障害の子ども達には適切な対応が将来につながる力になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

親御さんにとって、わが子が発達障害と診断されることで 困り事の原因がわかって安心できる一方、 進学や将来の就職についての不安も出てくると思います。 しかし、ASD(自閉症スペクトラム)やADHD、LD(学習障害)の 子ど […]

続きを読む

発達障害の特性で感情コントロールが難しく悩んでいる子達がいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、物事が自分の思い通りにならなかったり どうしたら良いかわからなくなると、急に怒って怒鳴ったり 泣きわめいたりしてしまい、感情のコントロールがうまくできないことに 悩んでいる子ども達がとても多く […]

続きを読む

夏休みは生活リズムに気をつけながら療育活動で成長を促しましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

もうすぐ夏休みです。 夏休みなどの長期休暇では、普段と違う生活になるので 生活リズムが乱れやすくなります。 生活リズムは一度崩れてしまうと元に戻すのは とても大変なので、日々規則正しい生活習慣を心がけながら 夏休みならで […]

続きを読む

療育の成果はすぐに出るものではなく継続によって大きな成果につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもの成長発達は、1つ1つ階段を登るように進んでいきます。 しかし、発達障害のある子ども達の成長はそうでない場合が多く ご両親は心配になったり焦ったりしてしまうこともあります。 そして療育に通うことになっても、始めてす […]

続きを読む

療育では特性に合わせた自己有能感を高める関わりが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は、治療などによって治る(症状がなくなる)ものではありません。 そして療育は、発達障害のある子を訓練して周囲の子と同じことが できるようにするものではありません。 適切な関わり、働きかけで、その子が自分のペースで […]

続きを読む

発達障害の子ども達が興味を持てる療育活動で力を引き出し伸ばしていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達に身に付けてほしいことがある時、 定型発達の子どもでは覚えるまで繰り返しやることがありますが、 発達障害特性を持つ子どもにはそれは有効な方法ではありません。 発達障害の子ども達では、苦手なことややりたくないことを […]

続きを読む