最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年09月

発達障害の子ども達の二次障害を防ぎ将来につなげる関わりが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある人は、定型発達の人に比べて失敗体験が多くなることで 自分に自信失い、うつやパーソナリティ障害などの二次障害を 併発してしまうことも少なくありません。 周囲の理解者を増やし、「みんなと同じ」を押し付けないこと […]

続きを読む

発達障害児の育児は大変なことも多く暮らしやすくなる支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子どもの育児は、定型発達の子と比べると やはり大変なことも多くあります。 多動気味な子が多いことから、急な行動や予想外の行動に 振り回されたり、かんしゃくやパニックへの対応、 睡眠障害や極端な偏食に苦労する […]

続きを読む

発達障害の子ども達は運動が苦手な子も多く、遊びながら取り組むことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDといった発達障害の子ども達の中には 運動が好きで得意な子もいますが、運動が苦手な子も多くいます。 自分の体をイメージしたり、動きをコントロールすることが難しく、 走り回ることは好きで […]

続きを読む

発達障害では外部からの刺激を調節するのが困難なことも問題行動の原因になっています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達は、外部からの刺激を取捨選択して 必要なものだけに注意を向けたり、調整したりすることが 難しいために、刺激が多すぎて疲弊してしまったり、 注意を向けるべきものだけに集中することができなくて 多動にな […]

続きを読む

ADHDにはストレス耐性が低く感情が不安定という特徴もあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人は、ストレス耐性が低い傾向にあるといわれます。 また、感情のコントロールが苦手で他人からの何気ない言葉に 深く傷ついたり、ちょっとしたことで怒りの感情を爆発させてしまったり 感情の起伏が激しく不安定なことが多 […]

続きを読む

発達障害の子ども達にパニックやかんしゃくを減らす関わりが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、他の人には想像もつかない程の苦労や 不安、ストレスの中で日々生活をしている子達がいます。 そのため、周りから見たら些細なことでもパニックになったり、 かんしゃくを起こしてしまうことがあります。 […]

続きを読む

ASDの診断時期には個人差があり見つけた時点での支援開始が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)による症状の現れ方は、 人によって程度や時期などに差があり、1歳前から 症状が強く見られる子どももいれば、2歳を過ぎてから 症状が目立ってくることもあります。 症状が出始める時期やそれに気づけ […]

続きを読む

ADHDの子ども達には個々の集中力に合わせた工夫や配慮が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

注意力散漫なADHDでは、課題をやらせる時に工夫する必要があります。 環境設定はもちろんですが、子どもの興味や集中力に合わせた 課題の提供、タイミングの良い声掛けや質問をして 注意力をリセットすることも大切です。 個々に […]

続きを読む

発達障害の子ども達は成功体験の積み重ねで自信をつけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に凹凸のある子ども達は、自己肯定感が低くなりがちです。 周りの人よりも苦手なことが多かったり、 失敗経験を繰り返すこと、小さい頃から周囲からの注意や叱責を 多く受けてきたことなどが積み重なり、 自分の価値を認められず […]

続きを読む

ADHDは混合型が多く、大人になっても特性は残ります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDは、不注意優勢型と多動/衝動性優勢型に分けられますが、 両方の特性が目立つ混合型が一番多いと言われています。 大人になるにつれて、体の多動性の部分は治まってきますが、 頭の中の多動は残る場合も多く、不注意特性も残 […]

続きを読む