最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年06月

いまだ誤解の多い発達障害ですが正しい理解を広め、支援していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)をはじめとした発達障害は、 外見ではわからない障害です。 また、発達障害に対する正しい知識がない人が多く いまだに「自閉症は自分の殻に閉じこもっている病気」や 「親の愛情不足や育て方の問題」な […]

続きを読む

読み書きが苦手なLDでは文字の認識がしにくいので理解が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

LD(学習障害)の中で、文字の読み書きが苦手な子ども達は、 ひらがなやカタカナの似たような形の字が区別できない、 単語を一まとまりとして認識できない、 飛ばし読みをしてしまう、 鏡文字になる、助詞の使い方がわからない な […]

続きを読む

環境調整や個々への支援が発達障害の子どもの力を引き出します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの中でも不注意の強いタイプの子は、 1つのことに集中するのが難しく、集中力が持続しない。 周囲の刺激に気をとられやすく、気が散りやすい。 忘れっぽく、物を無くすことが多い。 といった特徴があります。 授業中も先生 […]

続きを読む

発達障害児の問題行動には、子どもの気持ちに寄り添った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、やって良いことと悪いことの 理解が難しかったり、 やっていいのかどうかを、頭で考えるよりも先に 体が動いてしまうなど、人によっていろいろな原因で やってはいけないことでもやってしまう場合があります。 […]

続きを読む

発達障害の子ども達には環境調整がとても重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達と活動をする時には、 環境調整がとても重要になります。 目に入ってきたもの、耳に聞こえてきた音など 五感からの刺激の全てに反応してしまうので、 なかなか1つのことに集中して取り組むことが苦手です。 課題 […]

続きを読む

発達障害特性による問題行動は家庭では見えにくいことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害による問題行動、不適応行動と呼ばれるような行動は、 家庭では見えにくいことがあります。 保育園や幼稚園、小学校など集団生活の場では、 自分がやりたいことだけをできるわけではなく、 順番を待つことや静かに座っていな […]

続きを読む

ADHDでは考えるより先に動いてしまう特徴がありますが叱らない指導が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

集団生活の中で子ども達は、「今は先生の話を聞く時間だから 立ったらダメだ」など「今何をしなければいけないのか」を 考えて行動することができるようになってきます。 しかし、ADHD傾向がある子ども達はこれが難しく、 興味の […]

続きを読む

ASDでは独り言が多かったり声量調整が難しいので繰り返し教えていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、独り言が多かったり、 静かにしなければいけない場所でも 大きな声で話しかけてしまったりすることがあります。 独り言は、それによって確認作業をしていたり 心の安定を保ったりしていることがあるので 無理 […]

続きを読む

発達障害の子ども達の気持ちに寄り添い、かんしゃくを減らしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害特性のある子ども達は、感情コントロールが苦手です。 何かを作る時に少しでもうまくいかないと もうダメだと泣き崩れたり、 ゲームで負けるとかんしゃくを起こして暴れたり、 他の人にとっては、何でもないことでも 臨機応 […]

続きを読む

発達障害での人間関係のトラブルは年齢ごとに増えてくるので早めの対応が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の人達は、 悪気なく人を傷つけたり怒らせるようなことを 口に出してしまうということがあります。 これを言ったら相手はどう感じるかということを 想像する力が未熟なために、思ったことをすぐに 口に […]

続きを読む