最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年02月

発達障害児への対処法は適切な方法を知ることがまず大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今は発達障害に関する情報も豊富にあり、 支援体制も充実してきていますが、 実際に自分の子どもが発達障害だった場合、 どう対応したら良いかわからずに悩むことが多いと思います。 間違った対応をしてしまうと症状を悪化させたり、 […]

続きを読む

苦手と得意の差が大きい学習障害では、得意を伸ばすことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

学習障害(LD)では、全般的な遅れがあるわけではなく 特定の分野だけの能力が低いので、発見が遅れる傾向にあります。 例えば計算・推論の能力に問題があっても、 小学校1、2年生のうちは内容も単純なので、何とかなってしまうこ […]

続きを読む

記憶力に特徴のあるASD。メリットデメリットの理解も大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDの人達の中には、驚異的な記憶力や異常なまでの集中力を 持っている人が多いと言われています。 通常私達の脳は、五感から入ってくる情報を必要なものと そうでないものに自動的に振り分け、 興味のないことはすぐに忘れてしま […]

続きを読む

発達障害児には体の柔軟性を高める運動もおすすめです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHDなど発達障害のある人は体の柔軟性が低い傾向にあります。 特に股関節周りが硬いことが多く、しゃがむことができないような 子どももたくさんいるので、遊びの中に障害物をくぐったり しゃがむことができるものを積極 […]

続きを読む

学習、身体面でも困難なことが多い特別支援学級の子ども達を支援する、放課後等デイサービスの運動療育プログラム

特別支援学級の子ども達は、学習能力への障害がある子と同様に、 身体面の発達でも困難のある子が多くいます。 「ジャンプができない」とか「まっすぐ歩けない」など、 体幹が未熟で思った通りに体が動かせないという子ども達です。 […]

続きを読む

ASDでは子どもの気持ちを言語化してあげることも効果的です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)に含まれるアスペルガー症候群では、 空気が読めない、人の気持ちがわからない、一方的に話すなどが 代表的な症状ですが、自分の気持ちを相手に伝えることもとても苦手です。 言葉自体は知っていても、そ […]

続きを読む

LDでも日常生活の困りごとはとても多いので、支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

LD(学習障害)は知的な遅れはなく、苦手な分野以外の能力には 問題がないためなかなか理解されにくい発達障害の1つですが、 日常生活での困難は多く、支援・サポートが必要です。 字の読み書きが苦手なディスレクシアでは、 黒板 […]

続きを読む

発達障害児の子育てでは親の適切な関わりがとても大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD、ASDなど発達障害を持つ子どもの子育てには、 発達障害のない子どもの子育てとは また違った悩みやストレス、不安があります。 ご両親がそうした不安やストレスから余裕がなくなってしまうと、 子どもの行動を冷静に受け […]

続きを読む

発達障害児に必要な柔軟な思考を養う遊びです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDなどの発達障害があると、「自分で判断する」ことが難しいので、 日常生活の中での困りごとがたくさんあります。 声掛け1つでもパニックになったり、 スムーズにできていたことができなくなってしまったりするので、 適切な […]

続きを読む

運動が苦手なアスペルガー症候群でも運動療育で改善できます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

アスペルガー症候群を含むASDなどの発達障害の子ども達は、 動きがぎこちなかったり、体のバランスを取るのが苦手なことがあります。 ボディーイメージが弱く、体の部分が今どこにどんな形であって、 どんな動きをしているかなどの […]

続きを読む