最新情報・コラム

column

発達障害特性による人間関係の問題は年々増えるので早期療育が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害によって子ども達が持っている特性の多くは
周囲からの理解を得るのが難しいものも多く、
学校生活だけでなく将来の社会生活でも問題になってきます。
特に人間関係上の問題は、年齢が上がるにつれて
そのストレスや悩みも大きくなっていくので、
早い段階で対応の仕方を身に付けていくことが大切になります。

そのためにも放課後等デイサービスでの療育活動が
とても重要になるので、その子のペースで力をつけていけるように
サポートしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービス教室で
提供している運動療育プログラムから「動物フープ渡り」を
ご紹介します。

フープを複数用意し、少し間を空けて床に並べておきます。
このフープの中だけをクマやカンガルー、カエルなどの
動物の動きで渡っていきます。
最初はクマ歩きから始め、他の動物にも挑戦していきましょう。

気をつけることは、フープに手足が当たらないことです。
速くゴールすることよりもフープに当たらずに
正確に進めることを重視してできるようにしてください。
フープに当たらないようにに進むことで空間認知力や先を読む力、
身体コントロール力が効果的に養われ、
速く進みたい気持ちを抑えて正確に進むことで抑制力や
集中力も育てていくことができます。

また、コースを作る時にはまっすぐ進むだけではなく
斜めに進むこともできるようにフープを配置し、
いろいろな動きができるようにしてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る