最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年07月

発達障害では自分で自分を責めてしまうことも多く、理解を促すことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDやLDではできることとできないことの差が大きく、 周囲から「甘えている」「努力不足だ」などの 誤解を受けてしまうことも少なくありません。 子ども達の中には、本人でさえそう思い込み、 自分で自分を責めてしまうことも […]

続きを読む

発達障害では年齢と共に人間関係の悩みが大きくなり支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、人とコミュニケーションをとることが 苦手なために、良好な人間関係を築けないことが多くあります。 ADHDでは、わかっていても衝動的な言動をコントロールすることが 難しいのが脳の特性なので、自分で […]

続きを読む

発達障害の確定診断を受けなくても療育による支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもに発達検査を受けさせたら、発達の遅れがあることがわかり、 病院に行ったが、発達障害の診断はでなかったというケースがあります。 または、発達の遅れがあるという結果が出たが、 確定診断を受けるのはためらってしまうという […]

続きを読む

1つ1つの工夫が発達障害児の不安や困り事を減らします。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

保育園や幼稚園などの子ども達の生活の中では、 定型発達の子でも理解を促す工夫がなされています。 例えば、おもちゃをしまう箱には中身を示すシールがあったり、 製作をする時には必要な物だけを机の上に出すようにしたり、 手順を […]

続きを読む

発達障害ではストレスやイライラを感じやすく早めの対処が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、様々なことでストレスを感じ、 イライラすることが多い場合があります。 五感の感覚過敏からくるもの、 自分の意思がうまく伝わらないこと、 睡眠障害や体調不良にもなりやすいことなどから 常に強いストレス […]

続きを読む

ADHDはエネルギー調整が苦手なので理解と支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDでいつも動き回っている多動が目立つタイプの子は、 とても元気でエネルギッシュに見えます。 ただ、これは脳の特性ゆえの多動なので、 人より体力があるとかパワーが有り余っているという こととはまた違ってきます。 エネ […]

続きを読む

発達障害児の将来の自立を考えた支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもに障害があると、つい身の回りの世話などを どんどんやってあげたり、何でも決めてしまいがちですが、 いつまでもそうしていると子どもの力は育ちません。 その子のできる範囲で、自分で考えて決めることを増やし、 判断力や意 […]

続きを読む

発達障害児の将来の自立を目指した支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

忘れ物が多い、人と話すのが苦手、興味や関心の偏り など発達障害の特徴として挙げられていることは、 程度の差こそあれ、誰にでもある特徴です。 これらの特徴が日常生活を送る上で困難を極めているのが 発達障害で、支援が必要にな […]

続きを読む

ADHDの多動性衝動性は成長と共に落ち着きますが消えることはありません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子どもの、授業中座っていられない、 しゃべってはいけない場面でしゃべってしまう、 順番を待てないなどの多動性・衝動性の特性は 子どもの頃に目立つことが多く、 だいたい大人になる頃には治まることが多くなります。 […]

続きを読む

ASDの特性も適切に対応することで生活に活かしていくことができます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の人は、ルーティンワーク を正確にこなすことが得意です。 そのため、毎日の生活習慣や、複雑な作業であっても、 一度覚えればきっちりその通りにこなすことができます。 また、1日のスケジュールや手 […]

続きを読む