最新情報・コラム

column
カテゴリー別アーカイブ:

ADHD

療育では支援する側の工夫が重要です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHD、LDなどの発達障害のある子ども達は、 それぞれの持つ特性によって様々な困難、困り事があり、 生活面、学習面、人間関係の面などで 大きなストレスを感じています。 それを軽減し改善していくために 子ども達に […]

続きを読む

特性と共に生きていく子ども達にはサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDを持つ子ども達は、大人になっても 程度や形こそ変わるものの、 「不注意」「多動性」「衝動性」という特性を 持ち続け、生活していきます。 本人の人間性、性格や知能には問題がないのに、 社会にうまく適応できない、 親 […]

続きを読む

発達障害の特性への対処は周囲の協力も欠かせません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDなど発達障害では、注意力が散漫だったり、自分の興味関心がある物ごとには異常な集中力を発揮して「過集中」になりやすいなど、集中力、注意力の面で特性のある子ども達が多くいます。過集中にな […]

続きを読む

ADHDへの投薬治療はあくまでも生活のサポートで療育活動が重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDは日常生活への支障が大きい場合、 投薬による治療も並行して行なうことがあります。 投薬によって障害特性を抑えながら 生活の中での困難さを和らげ、失敗経験を減らして 成功体験を増やしていくこと、 その上でスムーズに […]

続きを読む

コミュニケーション面でのサポートが子ども達には欠かせません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)など 発達障害を持つ子ども達の多くは、 対人関係やコミュニケーションの面で 様々な困難さ、問題を抱えています。 対人関係の問題はどうしても大きくなりがちで、 早めの […]

続きを読む

楽しい取り組みと具体的な評価で子どもの力を伸ばします。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の成長発達の中では、何かに楽しみを持って取り組む ということがとても大事なことです。 好きなことや楽しいことには言われなくても どんどん取り組むので上達も早くなります。 上達すると周りから褒められるのでまたさらに […]

続きを読む

運動が脳活動を適度な状態にし能力を発揮しやすくしてくれます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動が脳を活性化させるということは多くの方に 知られていることですが、 ADHDの子の脳をはかると、彼らの脳は平常時でも 活動が高い状態です。 なので「じっとしていられない」「話を聞いていられない」 といった多動の症状が […]

続きを読む

ASDでもADHDでもコミュニケーション面の苦手さがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDでもADHDでもコミュニケーション面の苦手さがあります。 ADHD・ASDなど発達障害によるコミュニケーションの苦手と向き合うヒント 発達障害を持つ子ども達の中には、言葉に遅れがあるわけでもなく 話すことが好きなの […]

続きを読む

マルチタスクが苦手!発達障害で二つのことを同時にできない理由と対処法

マルチタスクとは、複数の作業を同時進行することを指します。 例えば 電話をしながらメモを取る 雑談しながら作業をする 家事をしながら子どもの宿題をみる など、日常生活の中で多く見られる行動が、マルチタスクに該当します。 […]

続きを読む

ADHDは小学校に上がる頃診断されるケースが多く正しい理解が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達の、じっとしていられない、注意力散漫で次々に 興味の対象が変わる、忘れ物が多い、突発的な言動が多い、 怒りの感情をコントロールするのが苦手で すぐカッとなってしまう、というような症状は 小学校に上がる頃 […]

続きを読む