最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年12月

発達障害があっても適切な療育で子どもは必ず成長します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子育ての基本は、障害があってもなくても基本的には同じです。 確かに発達障害児は言うことを聞かなかったり、 トラブルが絶えなかったり、理解しにくいことが多々あり 毎日がとても大変だと思います。 しかし、定型発達の子どもでも […]

続きを読む

発達障害児は感情コントロールが苦手で適切な関わりが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の多くは、感情のコントロールが 苦手で、それが問題行動につながることも多くあります。 そのため、周囲の大人はなるべく感情を抑えて おとなしくさせようとしがちになります。 しかし、人間なので感情が出る […]

続きを読む

発達障害児1人1人に合った方法で認知機能を高める働きかけをしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害児の認知の遅れの原因の1つとして、 見ていない・聞いていない・興味を示さない ということがあります。 しかし、子どもによって入力しやすい機能が何なのかが わかれば、それを最大限に活かして指導することで 発達を促す […]

続きを読む

発達に凹凸のある子ども達には1人1人に合った進学・進級先が重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に凹凸や遅れがあるお子さんをお持ちのご家庭では、 これからの進学先、進級先について、悩んだり迷いながら お子さんにとって一番良い選択をされていくと思います。 その時は障害の程度や知的障害の有無などだけでなく、 その子 […]

続きを読む

得意と苦手の差が大きい発達障害では自信をつけることがまず大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の1つ、学習障害(LD)を持つ子ども達では それぞれの症状や特性があり、様々な困難さを感じています。 例えば読み書きや計算が苦手だと、学校生活は本当に苦痛に 感じてしまいがちですが、読み書きや計算などの能力は、 […]

続きを読む

苦手は克服だけでなくそれに対応するスキルを身につけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の特性として、 先のことを予測したり想像することが苦手という特徴があります。 もし予想外のことが起きたり、いつもと違うことが起こると 混乱して対応できず、パニックになることもあります。 パニッ […]

続きを読む

発達の気になる子に必要なのは厳しいしつけではありません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達の遅れが気になる子の親御さんの中には、 人に迷惑をかけてはいけないので厳しくしつけている。 と言われる方が時々います。 しかし、恐怖感を与えるような叱り方をしてしまうと 子どもの不適切な行動はなくならないだけでなく、 […]

続きを読む