最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年01月

ADHDでは自信が持てず傷つきやすい子ども達が多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達は自分に自信がなく傷つきやすいという一面があります。 いつも一生懸命がんばっているつもりなのにできない、 親や学校の先生、まわりの友達から注意を受けてばかりいる。 こうした失敗経験や挫折経験などが積み重 […]

続きを読む

ADHD脳の特性で部屋が散らかり片付けられない場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの多動性や衝動性、ワーキングメモリの弱さなどの脳の特性は、 「散らかすつもりはないのに気付くと部屋が散らかっている」 「片付けようと思っても片付けられない」という 症状となって現れることが多く、生活面で大きな支障 […]

続きを読む

発達障害の診断は難しく時間がかかることもあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は成長の過程で困り事が出てきて始めてわかる障害です。 症状の程度によってはすぐに診断がでることもありますが、 長い時間かかってもなかなかはっきりした診断名がつかないこともあります。 また、発達障害は単独ではなく複 […]

続きを読む

黒板からの書き写しが苦手な子にはボール遊びなどがおすすめです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の中には、文字を書くことはできていても、 学校の授業中に、黒板に書かれた文字をノートに 書き写すのが難しいという子ども達がいます。 黒板の文字を書き写すには、書かれた文字を見て記憶する力と、 黒板とノートを交互に […]

続きを読む

発達障害の子ども達にとっては集団の中にいるだけで苦痛な場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達にとって、学校など集団生活の場で 1日を過ごすことはとても大きな負担になる場合があります。 家庭での生活と違って時間が決まった生活なので、 自分の思い通りに好きなことができるわけではなかったり、 好 […]

続きを読む

ASDの「いつもと同じ」行動の裏には大きな不安が隠れています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)では、「まじめで杓子定規」という 印象を持っている人が多いかもしれません。 いつも同じ時間に出て、同じ電車に乗り、同じ道順で、 同じドアから入る。 同じ椅子に座り、同じ物を食べ、同じ場所に片付 […]

続きを読む

発達障害での二次障害は周囲の対応で防ぐことができます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害での大きな問題は、周囲の誤解や間違った対応によって 本人が自信を持てなくなり、著しく自己肯定感を下げてしまった 結果起こってしまう二次障害です。 具体的には、不登校や引きこもり、適応障害、不安障害やうつ病など 多 […]

続きを読む

発達障害の子ども達には、できない理由に沿った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、定型発達の子ども達には簡単にできることも なかなかできるようにならないということがあります。 いつも自分だけできなくて自信を喪失してしまわないよう、 その子に合わせた支援が必要です。 例えば、靴を履 […]

続きを読む

発達障害の子ども達は成長と共に自分のできない部分に悩み始めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LDなど発達障害を持つ子ども達は、 成長するにつれて「自分はできないことが多い」 「他の人と同じようにできない」と感じはじめます。 また、対人関係や学習面、生活面などでうまくいかな […]

続きを読む

発達障害の傾向があっても知識や経験がないと見逃してしまうことが多々あります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもが第一子の場合、両親も子育ての経験がない状態で始まります。 そのため、発達障害の傾向があったとしても 「子どもだからこんなものかな」と見逃してしまうことがあります。 もちろん心配しすぎても良くありませんが、 発達の […]

続きを読む