最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年11月

多動性のある子どもには外出時のルール決めなど事前の対処が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDやASDで多動性のある子ども達は、人や物にぶつかりやすかったり 外出時には事故や迷子の危険もあるので目が離せません。 関心が他に向きやすかったり、衝動を抑えられなかったり、 何か苦手なものを避けるために走り出して […]

続きを読む

ASDでは相手によって対応を変えることが難しく少しずつ学んでいく必要があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の特徴に、初対面の人にいきなり 踏み込んだ質問をして相手を困らせてしまうということがあります。 決して悪気はないのですが、相手によっては怒らせてしまったり トラブルになることもありま […]

続きを読む

発達障害の子ども達はスモールステップで生きる力を身に付けていくことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)など発達障害を持つ子ども達は、 様々な理由でパニックを起こしやすい状態にあります。 パニックを起こすことは、子どもにとって身体的にも精神的にも 大きな負担をかけることになるので、 まずはパニッ […]

続きを読む

発達障害特性で指示に従うのが苦手な子ども達には伝える側の工夫が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達が家庭や集団生活の中でスムーズに生活を送っていくためには 大人の指示に従って動けることが大事になります。 しかし、発達障害の子ども達には人の指示に従って行動するのが苦手 という特徴があります。 その原因は、そもそ […]

続きを読む

療育で思考の柔軟性や理解度を上げることがスムーズな生活につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達にとって、 新しい場所や慣れない場所はとても苦手なものです。 中でも、普段行かない病院は怖さもあり診察が受けられないほど パニックになってしまうことがあります。 また、待合室でもどの […]

続きを読む

療育活動での成功体験の積み重ねがやる気やモチベーションを高めてくれます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達でも定型発達の子ども達でも、 成長発達の過程での「成功体験」がとても大切になります。 この成功体験は、大きな成功体験が1つよりも小さな成功体験を たくさん積めることがポイントです。 成功体験をすると、脳 […]

続きを読む

発達障害の子ども達のスムーズな切り替えにはその子に合った方法が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、物事の切り替えが難しいという特徴から、 周囲のサポートによって園や学校、放課後等デイサービスでも 活動をしていく必要があります。 遊びやその子が好きな活動からの切り替えは特に難しく、 子どもにあわせ […]

続きを読む

ADHDなど発達障害ではゲームなどに依存しやすく早期対処が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今の子ども達は、家の中でゲームなどをして遊ぶ時間が多く、 発達障害の子ども達も例外ではありません。 特に発達障害の子ども達はその特性によって依存しやすかったり、 感情コントロールが難しいことがあり、途中で止められたり 自 […]

続きを読む

発達障害特性で片付けが苦手な子にはスモールステップでの支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達には、部屋の片付けや整理整頓が 極端に困難なことがあります。 それは怠けているのではなく、あくまでも特性によるものです。 きちんとやりたいと思っていてもできないので、 学校など集団生活の場で片付けられな […]

続きを読む

ADHDなど発達障害では記憶力に問題があり周囲の支援が必要になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDなど発達障害では、記憶力に問題のあることが多くあります。 長期記憶が弱い、短期記憶が弱い、などそれぞれに違いますが、 記憶力の問題は、日常生活や学習にも影響を及ぼします。 一度覚えたことを忘れてしまう、ということ […]

続きを読む