最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2020年06月

「頑張ってもできない」を減らす支援が必要です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達は日々の生活の中で少しずつ、 今までできなかったことができるようになっていきますが、 発達障害のある子ども達ではそれが難しかったり、 とても大変で時間がかかることだったりします。 子どもが頑張っているのにできない […]

続きを読む

療育では自己肯定感を育む関わりが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害やその特性を持つ子ども達は、 小さい頃から失敗や注意される経験が多かったり、 友達と良好な関係を築きにくいなどのこともあり、 自分に自信が持てず自己肯定感が低下しがちです。 そうすると、その自己肯定感の低さが 様 […]

続きを読む

特性は育てにくさにつながりやすく早期対処が大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に凹凸のある子ども達には、 じっとしていられなかったり 話がかみ合わなかったり 感覚過敏があったり すぐパニックを起こしたりと様々な特性があり、 それが育てにくさにつながることがあります。 そのため、親御さんは自分を […]

続きを読む

認められることが自ら成長していく力になります。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達にとって、両親や学校の先生という身近な大人たちは 自分を評価してくれる大事な存在です。 その大人たちに認めてもらうということは とても大きな喜びで、自信になり、成長の糧になります。 なので、細かなところまでよく見 […]

続きを読む