最新情報・コラム

column

ASDでは独り言が多かったり声量調整が難しいので繰り返し教えていきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、独り言が多かったり、
静かにしなければいけない場所でも
大きな声で話しかけてしまったりすることがあります。

独り言は、それによって確認作業をしていたり
心の安定を保ったりしていることがあるので
無理にやめさせる必要もありませんが、
声のトーンを抑える練習をしたり、
しゃべっても良い時間、静かにする時間を決めて
タイマーを使ったりカードを使ったりするのも1つです。

次第に静かな声で話せるようになったり、
おしゃべりを我慢することもできるようになってくるので
根気良く、褒めながら指導していくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「横跳びカップタッチ」をご紹介します。
複数の色のカップを2列に間を空けて並べ、
両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで、
カップをタッチしながら進んでいきます。

この遊びでは、斜めジャンプでジグザグに進むのではなく、
真横にジャンプすることができるようにします。
横にジャンプをするためには、腕振りを連動させることが
ポイントになります。

カップをタッチすることに気をとられると
ジャンプがおろそかになってしまいがちです。
その場合はカップを使わずにジャンプを重視して行いましょう。

また、慣れてきたらカップの色を指定して
タッチしていくことにも挑戦していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る