最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年03月

療育によって発達障害児の社会的な自立支援を行ないます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を克服する方法や完治させる薬などは、今の段階では 存在していません。 早期の療育によって、本人の良い面、得意な面を伸ばしながら 持っている力を引き出し、困り事を減らしていけるように 周囲がサポートしてあげる必要が […]

続きを読む

発達障害の子ども達の中には暗黙のルールがわからず困っている子が多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

世の中の多くの人達にとって「当たり前」のことも、 発達障害を持つ人達にとっては当たり前ではないということは 思っているよりもたくさんあります。 例えば、いわゆる「暗黙のルール」です。 人同士の付き合いの中では必ずあるもの […]

続きを読む

発達障害の子ども達が転びやすい・動きがぎこちないことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもはよく転びますが、それは頭と体の比率やバランス感覚の 未熟さなどからみても、ごく当たり前のことです。 次第に体が発達してバランスがよくなってくると、転びにくくなり 安定して歩いたり走ったりできるようになります。 し […]

続きを読む

発達障害の子ども達のスムーズな生活には特性に合わせた支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達は、持っている特性によって社会や環境との ミスマッチが生じやすく、生き辛さ、困り感を感じることが多くあります。 間もなく進学・進級の時期を迎えますが、 発達障害の特性を持つ子ども達が学校で安心して過 […]

続きを読む

ASDに含まれるアスペルガー症候群は気付きにくいですが適切な支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

アスペルガー症候群は、ASD(自閉症スペクトラム)に含まれ、 自閉症の特徴である「対人関係の障害」「コミュニケーションの障害」、 「想像力の障害(強いこだわり)」を持ちながら、 知的な遅れや言葉の遅れが見られないという特 […]

続きを読む

ADHDやASDではコミュニケーションが苦手な特徴がありサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHDなど発達障害を持つ子ども達は、 人との円滑なコミュニケーションが苦手な特徴があります。 例えば、早口でまくし立てるようにしゃべってしまったり 自分の興味のあることになると相手がどう思 […]

続きを読む

発達障害では療育で苦手を補う方法や合ったやり方を見つけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの特性によって、身の回りの整理整頓や片づけが 極端に苦手で日常生活で困っているというケースは とても多くあります。 ADHDの特性を持っていると、片付けなければいけないとわかっていても 整理整頓された状態がイメー […]

続きを読む

ADHDでの頭の中の多動は消えないので早期の対応が大切になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人達はいつも脳がフル回転とか、頭の中が多動だと 表現されることが多いと思います。 そのため、家の中でも学校の授業中でも外出先でも いつも興味のおもむくままに動きまわってしまったり、 何か課題をするという時にも、 […]

続きを読む

発達障害で会話のキャッチボールが苦手な場合個々に合った練習が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、相手の話を最後まで聞かずに 話し始めてしまったり、一方的に話し続けてしまったりして 会話のキャッチボールがうまくできない子がいます。 1人1人に合った方法で練習することが必要になりますが、 会 […]

続きを読む

子ども達が自主的に取り組める療育活動が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私達の頭の中にある神経は、使えば使うほど発達して強化されます。 好きこそものの上手なれという言葉があるように 好きなことは繰り返すから得意になります。 反対に嫌いなことも繰り返せば繰り返すほど嫌いになっていきます。 なの […]

続きを読む