最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年08月

療育施設は子どもにとって楽しく安心できる場所であることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今、放課後等デイサービスの教室はとても増えています。 しかしその療育内容や教室の雰囲気、スタッフの対応などは ピンキリです。 放課後等デイサービスのような療育施設は、 子どもが「楽しかった」「また行きたい」と思ってくれる […]

続きを読む

ADHDは小学校に上がる頃診断されるケースが多く正しい理解が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達の、じっとしていられない、注意力散漫で次々に 興味の対象が変わる、忘れ物が多い、突発的な言動が多い、 怒りの感情をコントロールするのが苦手で すぐカッとなってしまう、というような症状は 小学校に上がる頃 […]

続きを読む

療育活動では将来自分の力で生きるための力を育てることが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の療育活動の中では、 集団生活での適応力を身につけたり、学力を育てていくことも とても大事なことですが、目指すところは将来的な自立です。 生活をする上では、買い物、家事、スケジュールの管理など とても多 […]

続きを読む

療育活動では遊びの要素を取り入れるのが効果的です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達は遊んでいる時や自分の好きなことに夢中になっている時、 とてもイキイキとしていて意欲的です。 そういう時にはで子ども達の思考力や想像力など たくさんの力が培われるので、遊びは子どもにとっての 大事な学びの場でもあ […]

続きを読む

発達障害児は社会生活で必要なスキルを身につける為のサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の生活する環境は、どんどん変化していきます。 生後から保育園や幼稚園に上がるまでは親子関係が メインの生活で様々なことを学んでいきますが、 次第に集団生活の中に入り、集団活動や対人関係スキルなど 社会の中で生きて […]

続きを読む

発達障害特性を持つ子ども達の自信や自己肯定感を高める関わりが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子や発達障害特性を持つ子達は、 他の子達と比べてできないこと、苦手なことが多くあります。 そのため、それをできるようにしたり、克服できるようにしようと いろいろな取り組みをさせてしまいがちですが、 そこばか […]

続きを読む

支援が必要な発達障害グレーゾーンの子ども達が増加しています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

最近では発達障害についての認識が広がってきたことや 診断技術の向上などもあり、発達障害と診断される人が とても増えてきています。 しかし、発達障害と定型発達の境界線はとても曖昧という点や、 ASD(自閉症スペクトラム)、 […]

続きを読む

発達障害児の問題行動には必ず理由があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の特性を持つ子ども達では、困った行動や問題行動と 言われる行動が目に付くことが多いですが、 子どものそうした行動の裏には必ず理由があり 子ども自身も困っていることがあるので、 それをしっかりと見極めて対処していく […]

続きを読む

集中力注意力が持続しにくいADHDではあらゆる場面で支障があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達は、同年齢の子と比べて集中力や注意力が 持続しにくいという特徴があります。 それが人と話をしている途中でも、テストの途中でも、 気になる物が目に入ったり他から音が聞こえたりすると そちらへ意識が向いてし […]

続きを読む