最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年06月

発達障害では早期療育で症状改善やスキルの習得を促すことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の特性を持つ子ども達は、幼いころから様々な特徴が 見られます。 ・言葉の発達の遅れ ・落ち着きがない ・コミュニケーションの苦手 ・学習、睡眠、食事など生活面での問題 ・切り替えが苦手 ・体の使い方が不器用 など […]

続きを読む

発達障害では自由に過ごせる自由時間が苦手な場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

多くの子どもにとって自由時間は嬉しい時間ですが、 発達障害の子ども達にとっては、何もすることがなかったり、 何をすればよいのかわからなかったりする時間は戸惑ったり 苦痛に感じることが多く、自由時間は苦手なことがあります。 […]

続きを読む

発達障害では持っている特性によって障害に気付きにくいことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD(注意欠如/多動性障害)がある子ども達の中で、 不注意特性が優勢で多動性の症状がほとんどなかったり、 他の目立つ特性があまり見られないような場合には 中学生頃になっても発達障害の診断がつかないままのケースがありま […]

続きを読む

個々の発達段階に合った療育活動で子ども達を支援サポートしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

現在、児童デイサービスや放課後等デイサービスを行なっている 施設は増加していて、その活動内容も様々です。 学童保育のようにお子さんを預かるだけの所や、 幼児教室に近い教室など内容はピンキリです。 こどもプラスの教室では、 […]

続きを読む

ASD特性は生まれつきですが3歳頃から顕著になってきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)など発達障害は先天性のもので その特性は生まれた時から持っていますが、 赤ちゃんの頃は発達の個人差が大きいことなどから なかなか気付きません。 成長につれて発達の凹凸が目立ってきて、3歳頃にな […]

続きを読む

発達障害の子ども達はストレスを強く感じやすい傾向にあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、日々様々なことでストレスを感じ、 イライラすることが多くなる傾向にあります。 ストレスやイライラの原因は、五感の感覚過敏からくるもの、 自分の意思や感情がうまく伝わらないことや 感情コントロール […]

続きを読む

ADHDの子はエネルギー調整が苦手なことが多くサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子どもの多くは、エネルギッシュでいつも動き回っていることが 多くじっとしているのは苦手ですが、 体だけでなく頭の中も常にいろいろな考えやアイデアが浮かんできて 多動であるといわれています。 一見、他の子よりもエ […]

続きを読む

発達障害では運動が苦手、手先が不器用という子が多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達の中には、運動が苦手だったり 極端に手先が不器用という子が多くいます。 中には、発達性協調運動障害を併発している子もいます。 体をうまく使えないことは運動の場面だけではなく、 日常生活の中でも転びや […]

続きを読む

発達障害による感覚過敏には多くのパターンがあり個々への対処が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には感覚過敏を持つ子が多くいます。 聴覚過敏では、必要な音だけを選択して聞くことが苦手なので 学校の教室で先生がみんなに向かって話している声が 近くで怒鳴られているように感じたり、 2つ隣の教室で誰 […]

続きを読む

発達障害では不登校など二次障害を予防するサポートが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害にはASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)など いくつかの種類がありますが、どの障害だとしても その特性ゆえにトラブルや不適応行動が多くなりがちです。 結果として注意叱責を受けたり友達からからか […]

続きを読む