最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2016年01月

前後カンガルーで良い姿勢作りにも。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自分の体の動きをコントロールすることが苦手な発達障害児。 どのくらいの力でやれば良いのか、 どこまで手を動かせばいいのかなどのことがうまく調節できず、 前進を動かすような遊びは苦手なことも多いと思います。 タイミングよく […]

続きを読む

瞬発力も養う汽車ぽっぽ。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

長時間集中することが苦手な子ども達ですが、 メリハリがあることで活動に集中できる時間が増えるかもしれません。 ただやらされているような時間にならないように、 指導者自身も楽しんでできるように工夫してみましょう。 今日は「 […]

続きを読む

連続ジャンプで抑制力の育成も。みんなで大縄跳びです。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今日は、「みんなで大縄跳び」です。 初めは3人くらいで縦に並んで大縄を跳びます。 並び順は、得意な子を一番前に、苦手な子を一番後ろにして、 上手な子のタイミングに合わせて跳べるようにしてあげましょう。 できれば両足を揃え […]

続きを読む

かわいいアヒルさんで腹筋背筋強化。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

近頃では姿勢の悪い子ども達が増えています。 姿勢が悪いと骨盤や内臓の位置がずれたり、 肥満や精神面での悪影響など、さまざまなデメリットがあります。 健康のためにも良い姿勢作りを意識させてあげたいですね。 良い姿勢を作り、 […]

続きを読む

手首のケガが多い子ども達。放課後等デイサービスの運動療育プログラムで養いましょう。

近年、手首のケガをする子どもが増えています。 日ごろから手首をつく動作をあまりしていないため、 たまに体重を支えるような力を加えると、簡単にケガをしてしまいます。 運動をする前にはしっかり準備体操をしてから始めることも大 […]

続きを読む

子どもの発達を促す模倣遊び、まねっこ歩きもおすすめです。放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の子ども達は社会性やコミュニケーション能力の低さがあります。 自閉症やダウン症なども年々増えているといわれているので、 できるだけ多くの子どもに早めの対応をしていけるような環境作りが大切だと思います。 社会性やコ […]

続きを読む

並びゲームで集中力と判断力の育成を。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私達の能力で、目や耳からの情報を正確に判断して 素早く動くということは日常生活でとても重要な能力です。 事故や怪我を未然に防ぐことにもつながるので、 判断力、理解力などは高めておきたい力です。 普段の活動の中で自然に身に […]

続きを読む

忍者カンガルーの縄越えで縄跳びの練習です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

日常生活の中や、遊んでいる時などのケガは、できれば防ぎたいものです。 子ども達の基礎筋力をつけることはもちろんですが、 集中力、抑制力、空間認知など様々な力も養うことで、 ケガを減らすことが出来ます。 日々の運動療育プロ […]

続きを読む

〇×グーパーで判断力アップ!放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たちが生活していく中で、判断力という力は毎日必ず必要になります。 何をするにも自分の頭で考えて判断して行動に移します。 この判断力を鍛えることも、運動療育プログラムの遊びを行うことでできます。 今日は、集中力や判断力を […]

続きを読む

2人スキップで社会性を育てましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

社会性を育てることは、人が社会の中で生きていく上で欠かせないものです。 子ども同士で遊ぶことや集団で活動することでだんだんと身に付いていくものですが、 発達障害の子ども達はそれが難しいので、 放課後等デイサービスでの療育 […]

続きを読む