最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年05月

ASD、ADHD、LDでの苦手はその子に合った対策や方法を見つけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害とまではいかなくても、人は誰しも苦手なことがあるものです。 暗記モノが苦手だったり、地図が読めなかったり、 人付き合いや大きな音のする場所が苦手な人もいます。 こうした偏りが極端に大きく、生活面や学習面で多くの困 […]

続きを読む

発達障害の子ども達にはそれぞれに得意や苦手があり個々に合った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、個々に認知特性の問題や 注意・集中の面での困難などがあるため、それぞれに得意な分野・ 苦手な分野があります。 そのため、個々の特性に合わせた取り組みでの支援が必要です。 特に苦手な分野については […]

続きを読む

ADHDの不注意特性には早期支援と対策が重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD特性のある人の代表的な困り事に、 ケアレスミスの多さや忘れ物、無くし物が多いといった 不注意特性による症状があります。 これらは発達障害でなくても誰にでもあるものですが、 ADHDの人はその頻度が極端に多かったり […]

続きを読む

発達障害特性による人間関係の問題は年々増えるので早期療育が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害によって子ども達が持っている特性の多くは 周囲からの理解を得るのが難しいものも多く、 学校生活だけでなく将来の社会生活でも問題になってきます。 特に人間関係上の問題は、年齢が上がるにつれて そのストレスや悩みも大 […]

続きを読む

ADHDの子が授業に集中できるように工夫や配慮が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達は、授業中何十分も椅子にじっと座っていることが 苦手な子が多く、離席が目立つ場合があります。 その場合は環境調整をしたり、声掛けの工夫、課題の工夫、 席を立って行なう先生のお手伝いを頼むなどの配慮が必要 […]

続きを読む

発達障害の子ども達の育児では乳幼児期から違和感を感じることが多いようです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の育児では、定型発達の子ども達の 成長発達とズレがある場合があり、 乳児期のうちは育てにくかったり、反対に全く手がかからなかったり することもあります。 そして成長につれて、保護者が何となく違和感を […]

続きを読む

発達障害児の自己肯定感の低下は問題行動や二次障害の原因にもなります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、その特性から友達と良好な関係を 築きにくかったり、周囲から褒められることよりも注意・叱責を 受けることの方が多くなりがちです。 そのため、自己肯定感を育む機会が少ないまま成長し、 その自己肯定感の低 […]

続きを読む

ADHD特性は成長につれて変化し臨機応変な対応が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は先天性の脳機能障害のため、自然になくなったり 治療によって完治するものではありません。 しかし、例えば子どもの頃にADHDと診断された人達の中には 成長と共に症状が目立たなくなったり、 自分の特性を理解して対処 […]

続きを読む

発達障害では睡眠障害が二次障害として起こる場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDなど発達障害を持つ子ども達の中には、 二次障害として睡眠障害を引き起こしてしまう場合があります。 発達障害の特性によって脳が覚醒しやすいこと、 切り替えが苦手なことなど様々なことが要 […]

続きを読む

白黒思考は発達障害の子に多い特性の1つです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、失敗を極端に恐れるといった 白黒思考の特性のある子が多くいます。 ゲームや競争で負けそうになったり、テストで少し間違えただけでも 泣いてパニックになったり、自分はダメな人間だと 思い込んで […]

続きを読む