最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2019年01月

発達障害では個々に合った支援方法を見つけ困難を減らすことが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

現在は、発達障害に関する情報は本やインターネットで 簡単に得ることができます。 発達障害の特徴や診断方法、セルフチェックができたり 接し方や療育方法についても調べるとたくさん出てきます。 しかし、発達障害の特性や症状の現 […]

続きを読む

障害特性を理解し生活しやすくなる療育支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の行動は、 往々にして過剰なこだわりと集中が特徴的です。 これは生まれもった思考構造によるもので、 柔軟性が弱く変化に対応するのが難しいためです。 ASDの子どもにとって、いつ何が起 […]

続きを読む

会話はASDの子ども達にとって難易度が高くとても混乱させるものです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たちが普段何気なく行っている「会話」は、 発達障害、中でもASD(自閉症スペクトラム)の 子ども達にとってはとても難しく、疲れることです。 会話では非常に曖昧な言葉や表現が多く 推論しながら聞く必要があったり、 皮肉や […]

続きを読む

子どもの特性を理解し将来につながる療育支援を行います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 別の視点から物事を見たり、他人の立場になって考えてみる というようなことが困難です。 例えば同じ出来事を体験した時、見え方や感じ方、聞こえ方などは 人それぞれに少しずつ違うもの […]

続きを読む

課題や活動の最後は成功体験や楽しかった体験で終わるのも大事なポイントです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の特性を持つ子を指導する時に お母さん方がやってしまいがちな失敗として、 子どもに失敗や間違いをたくさんさせてしまう ということがよくあります。 発達障害児の多くは失敗や間違いを極端に嫌がる 傾向があり、少しの間 […]

続きを読む

子どもの特性を活かしながら能力アップにつなげていく方法も有効です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害特性を持ち、こだわりの強さがある子たちは 決まった手順を踏まなければ 次の行動ができないということがよくあります。 それによって日常生活では不便なことも多々ありますが、 この特性を逆手にとって、日常の行動をパター […]

続きを読む

発達障害の子ども達への声掛けには配慮すべきポイントがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達への声掛けには、 少し配慮が必要になります。 子どもが他の事に気を取られている時話しかけたり、 子どもの後ろや見えない所から大声で呼びかけたり、 早口でしゃべったりするのはよくありません。 まずは子 […]

続きを読む

子どもに必要な支援がわからず困っている親御さんも多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自分の子どもに発達の遅れや凹凸があることがわかった時に、 何から始めればいいのか、どうすれば良いのかわからず 途方に暮れてしまう保護者の方も多くいます。 子どもに必要な支援を知るためには、まずその子の 特性や発達段階、で […]

続きを読む

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 さて、子ども達の発達のためには運動が欠かせない ということは周知の事実ですが、 ただ何でもやらせれば良いということでもありません。 多すぎても少なすぎ […]

続きを読む