最新情報・コラム

column

ASDのこだわりは心の安定を保つものなので理解と適切な対応が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自閉症スペクトラム(ASD)の子ども達には
強いこだわりが見られ、物事が予定通りに進まなかったり、
予想外のことが起きたりして困ることもありますが、
こだわり行動がその子の心の安定を保っているので
まずはその理解が必要です。

ただ、こだわり行動が本人や周囲にとって大きな問題に
なっている場合には、減らしていけるように導くことも必要です。
その行動ができる場所や時間を制限したりしながら、
臨機応変に対処していきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「じゃがいも迷路」をご紹介します。
複数のマットを縦、横、斜めにくっつけて並べます。

子どもはマットの上で仰向けになり、
両膝を抱え込むようにして丸くなったら、
そのまま横向きにマットの上を転がっていきます。
マットから落ちないように、回転しながら身体の向きを
調整できるように練習しましょう。
マットが直線ではなくジグザグになっていることで、
より細かな動きの調整が必要になります。

動きがわかりにくい場合は補助もしながら、
しっかりと感覚を身につけていけるように促しましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る