最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年02月

ADHD特性によって感情コントロールが難しく、支援が必要なことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD特性を持つ子ども達は、感情をコントロールすることが難しい 場合があり、周りから見たらささいと思えることでも 怒りを爆発させてしまったり、 カッとなると衝動的に手が出てしまったりすることがあります。 これは、単に本 […]

続きを読む

発達障害傾向のある子ども達には特性に合った丁寧な関わりが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害への認知度の高まりと共に 「グレーゾーン」や「パステルゾーン」という言葉を 耳にすることが増えてきました。 発達障害の診断基準を全て満たすわけではないものの、 発達障害のいくつかの特性を持ち合わせているため 日常 […]

続きを読む

発達障害の子ども達が安心して生活できる環境作りが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の特性を持つ子ども達が小学校に入学する時、 通常学級に在籍しながら特別支援学級に通う通級制度を利用することが 多いと思います。 その場合、通常級と支援級の環境の違いは大きいので 通常級での刺激の多さに疲れきってし […]

続きを読む

発達障害特性で多くの人と感じ方や見え方が違うことを理解しておく必要があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私達の持っている感覚は、同じようで皆少しずつ違っています。 発達障害の人達では、ものの感じ方が多くの人と かなり違うことがあり、その過敏さや鈍麻さによって 日々戸惑ったり苦しんだりしていることがあります。 食べられる物や […]

続きを読む

療育活動では子どもが生きやすくなるように考えることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

世の中は、定型発達の人が生活しやすいように作られているので、 発達障害など障害を持つ人にとっては生活しにくいことが多くあります。 しかし、みんなと同じようにできるようにしようとすると 必ず無理が出てきます。 ある程度は社 […]

続きを読む

発達障害では脳の働きにアンバランスさがあり様々な苦手につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム 

私達の脳は複数の場所でそれぞれの働きをしていますが、 発達障害の子ども達には、自然に働かせるのが難しいところがあります。 例えば、白い紙に黒い文字で「あ」と書かれていた場合、 まずは白い部分と黒い部分の区別ができること、 […]

続きを読む

発達障害では空間認知力の弱さで多くの困り事を抱えてしまう場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「空間認知能力」とは、人や物などの距離・方角・大きさ・形・広さ などを的確に理解し把握するために必要な能力です。 発達障害のある子ども達はこの空間認知能力が低いことが多く、 生活面や勉強面で多くの困り事を抱えている場合が […]

続きを読む

支援が必要な子ども達には学校や家庭だけでなく地域全体でのサポートが必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害や発達障害グレーゾーンで支援が必要な子ども達は、 特別支援学級に在籍したり、通常学級に在籍しながら 通級による指導を受けることが多いと思います。 学習面や生活面などで子どもが抱えている困難を改善していくために 1 […]

続きを読む

発達障害の子ども達には運動でも学習でも苦手な理由に沿った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

LD(学習障害)で文字の読み書きが苦手な子ども達は、 様々な理由から見えにくさやわかりにくさがあります。 文字が模様に見える・文字がかすむ・文字が反転して見える・ 白地に黒い文字は目が痛くなる・縦書きが読みにくい・ 似た […]

続きを読む

発達障害では早期発見と療育開始で二次障害を防ぐことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

大人になってから発達障害と診断された人達の中には、 精神疾患などの二次障害を発症して診断されたところから、 よくよく調べたらその原因に発達障害があったということが とても多くあります。 発達障害特性による症状で周囲から誤 […]

続きを読む