最新情報・コラム

column

ADHDの治療には投薬もありますが丁寧なケアが基本です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの治療には、苦手なことに対処するために生活を工夫したり
環境調整をすることや、周囲の人からの支援によって
症状の緩和や特性への対処の仕方などを身に付けていく
療育の他に、薬物療法もあります。

投薬によって発達障害による特性を抑え、
生活をしやすくしたり困難を減らすことができます。
また、それによってできることが増えるので、
自信をつけることにもつながります。

ただ、薬や人によって合う合わないがあったり
副作用の心配などもあるので、投薬のみの治療ではなく
本人のスキルトレーニングなども行なうことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの「大きい片足クマのカップタッチ」
をご紹介します。

片足クマのように両手と片足を交互について進みますが、
「大きい片足クマ」なので、手をつく時に胸の辺りから
振り下ろして、足を後ろに高く上げるようにして進みます。
そして、床に並べてあるカップをタッチしていきますが、
カップタッチをする時には必ずしゃがんだ姿勢で
タッチするようにします。
足を蹴り上げながらタッチしようとすると、
体を支えきれずにつぶれて怪我をしてしまうことがあります。

また、後ろに上げる足はできるだけ高く上げるのが良いですが、
あまり勢いよく上げるとそのままひっくり返ってしまうので、
勢いがつきすぎる場合は、手を腰の辺りから振り下ろすようにします。
さらに、カップをよく見ようとすることで必然的に顎が
しっかり開いて転倒防止につながるので、
タッチするカップの色の指定して、カップをよく見ながら
できるようにして遊びましょう。

さらにこれを側転につなげていくために、
振り下ろす手の位置を腰から胸、次は頭と、高い位置から
振り下ろしながらできるように段階を追って
挑戦してみましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る