最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年08月

発達障害の子ども達の将来を見据えた療育支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDの子ども達の中には、言葉の発達に遅れが見られる子どももいます。 1歳半頃を過ぎても意味のある言葉が出ない、 言葉を話せるようになってもオウム返しが多かったり、 決まったフレーズを独り言のように繰り返していることが多 […]

続きを読む

発達障害では自分の体のイメージがつかみにくい傾向があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、自分の体をイメージしにくいという 特徴を持っていることが多く、 足がものすごく遠くにあるように感じたり、 腰から下の感覚がつかみにくい、 背中など自分の後ろ側の感覚がわからない ということがあります […]

続きを読む

気持ちを伝えることが苦手なASDでは生活面で多くの困難があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 話し言葉が苦手で会話が成り立たないことがあります。 自分の気持ちを伝えられないということは、 社会の中で生きていくのにはとても困難があります。 助けて欲しい時、嫌なことをされた […]

続きを読む

発達障害の子ども達は発達に偏りがあり、それは子どもによって全く違います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDなど発達障害の子ども達の発達は、すべての発達に遅れが あるという誤解もありますが、そうではありません。 例えば、単純な計算問題なら同年齢の友達と比べて 速くできても、文章問題になると全く解けなかったり、 言葉の理解 […]

続きを読む

ASDの子ども達の記憶力は特徴的で、良いこともつらいこともあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDの子ども達の記憶力は私達と少し違っています。 ついさっきのことは忘れてしまうのに 何年も前のことをいつまでも鮮明に、昨日のことのように はっきりと覚えていたりします。 私達でも辛い出来事はなかなか忘れられないもので […]

続きを読む

先の見通しが持てる視覚支援が発達障害児のパニックを減らします。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の多くは、 「聞いて理解すること」よりも「見て理解すること」の方が 得意なため、これからやる活動の説明をする時や 次の行動を促す時などは、何が始まるのか目で見てわかるものを 見せながら促したり、絵や […]

続きを読む

発達障害の子ども達の「得意」を伸ばしてあげる支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHD、LDなど発達障害の子ども達は、できないことも たくさんありますが、人にはない可能性を秘めているともいえます。 日常生活を送る上で必要な能力を身に付けることが第一ですが、 同時に、子ども達を評価し、得意な […]

続きを読む

学習障害で会話が苦手な子にも個々に合った対処法が効果的です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私達が人と会話をする時、相手の話を聞き取るために 注意力を働かせ、そこから得た情報を記憶に留めるということを 無意識のうちに行なっています。 また、同じ言葉を聞いた時には文脈や相手の表情、 声のトーンなどから意味を考える […]

続きを読む

発達障害の子ども達の問題行動への対応は配慮が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達が問題行動やトラブルを起こした時の 対応では、気をつけなければいけない点があります。 「こんなことしたらダメでしょ!」や 「どうしてこんなことしたの?」ではなく 「〇〇がいやだったよね。」や 「△△がし […]

続きを読む

ADHDでは治療薬もありますが療育を併用することが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの特性は日常生活に様々な支障をきたしてしまうので、 症状によってはうまく薬を使いながら改善を目指すことも大切です。 薬によって暮らしにくさを減らし、成功体験を増やして自信をつけながら、 同時に療育によって改善を促 […]

続きを読む