最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年11月

体をうまく使えない子ども達に運動療育で総合的に力を伸ばしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達では、体をうまく動かせなかったり、 手先が不器用、一定時間姿勢を保持できないということが よくあると思います。 そこにはいくつもの要因があり、その子の苦手の要因を 正確に把握し、適切に支援していくこ […]

続きを読む

療育活動は子どもが楽しく行なえることが力を伸ばすポイントです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達も、いずれは社会に出て自立した 生活をしていくことが求められます。 そのため、周囲が子どもにあれもこれもできるようになってほしい という思いが強くなり、常に療育に熱心になりすぎて いつの間にか子ども […]

続きを読む

子どもの困り事や苦手の原因を見極めた対応が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持っている人達は、対人関係やコミュニケーションの 面で多くの困難を抱えやすいです。 人とコミュニケーションをとるには、相手の言葉、表情や声色、 前後の文脈、相手の立場や自分との関係性なども含めて 一度にいろいろ […]

続きを読む

発達障害の子ども達は想像以上の不安ストレスの中で生活しています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、そうでない人には想像しがたいほどの ストレスや不安を常に感じているといいます。 他の子ども達には簡単にできることも、とても大きな労力を 必要とすることだったりするのです。 例えば学校での生活は椅 […]

続きを読む

発達障害特性の現れ方や症状は性別差もあるようです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は1人1人違った特性や症状を持っていますが、 性別での違いもあるといわれます。 もちろん一概には言えませんが、比較的男の子の方が 特性による問題行動が目に見えてわかりやすいため、 発見しやすいといえるか […]

続きを読む

発達障害特性による苦手は克服だけが解決方法ではありません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

小学校の授業では、よくグループごとに分かれて話し合いをする という学習の時間がとられます。 クラス全体での活動とは違った学びがありますが、 ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達にとっては 苦手な活動の1つです。 一度に […]

続きを読む

発達障害では学習面での遅れが出やすく個々に合った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の多くは、知的な遅れがないにも関わらず その様々な特性によって学習面での困難があり 学力不振になっているという現実があります。 子ども達の生活では、1日の多くの時間を勉強に費やします。 そのため、学習面 […]

続きを読む

子どものうちから生き辛さを抱えやすい発達障害では早期の気付きと支援が重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD(注意欠如多動性障害)、 LD(学習障害)といった発達障害は 先天的な脳機能の問題によるものなので、 乳幼児期から特性と呼ばれる様々な症状が現れています。 産まれたばかりの頃や幼い頃 […]

続きを読む