最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年10月

ASDでもADHDでもコミュニケーション面の苦手さがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、言葉に遅れがあるわけでもなく 話すことが好きなのに、いざ質問されると 思っていることをうまく言葉にできなかったり、 言葉が出るまでに時間がかかってしまって コミュニケーション面で困っている […]

続きを読む

発達障害特性による生き辛さが軽減できるような支援サポートが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 コミュニケーションや対人関係の面で多くの困難を抱えていますが、 成長と共に少しずつスキルを身につけていき 人とのコミュニケーションが上達することもあります。 しかし、発達障害に […]

続きを読む

発達障害の子ども達の多くはマルチタスクが苦手です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDといった発達障害の 特性を持つ子ども達は、マルチタスクが苦手な傾向にあります。 ながら作業ができなかったり、一度に複数の指示をされると わからなくてパニックになったり、 大事なことで […]

続きを読む

がんばりすぎない療育で子ども達の生き辛さを軽減していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害があったりその特性を持っていることで、 日々様々なストレス、生き辛さを感じている子ども達がいます。 それぞれの困り事が少なくなって生活がしやすくなるように、 また、将来的な自立に向けた療育支援がとても大切です。 […]

続きを読む

発達障害特性による問題行動には事前の対応がまず必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中でも、特にADHDの子ども達では 友達に手が出やすかったり、暴言を吐いてしまうことが多いという ケースがよくあります。 また、ASD(自閉症スペクトラム)の子どもでも小さいうちは こうした特徴が […]

続きを読む

発達障害の子ども達は集団生活スキルを自然に身につけるのが難しいことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達が、保育園や幼稚園、小学校など 集団生活の場に入って生活を送る中では、 友達とのトラブルがあったり、先生の指示が聞けなかったり、 授業中困った行動をしてしまったり、 様々な問題が起こってきます。 「 […]

続きを読む

ASD(自閉症スペクトラム)の特性で人の顔を覚えるのが苦手なことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の特性を持つ子ども達の中には、 興味のあること(電車や昆虫など)は一度見ただけで すぐに覚えてしまったり、膨大な量を記憶していて 正確に識別することができる特徴を持つことがありますが、 その一 […]

続きを読む

発達障害の子ども達はみんなと同じを目指す必要はありません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、それぞれに苦手なことや できないことがたくさんありますが、 それを無理にみんなと同じに合わせようとしたり、 我慢して慣れさせようとしたりする必要はありません。 今はいろいろなツールや便利な道具が […]

続きを読む