最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達は成功体験の積み重ねで自信をつけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に凹凸のある子ども達は、自己肯定感が低くなりがちです。
周りの人よりも苦手なことが多かったり、
失敗経験を繰り返すこと、小さい頃から周囲からの注意や叱責を
多く受けてきたことなどが積み重なり、
自分の価値を認められずに「自分はダメな人間なんだ」という
思考になってしまうことが多くなります。

そのため、療育活動の中では自分の自信を持ち、自己肯定感を
高めるような関わりが大切になります。
必ずスモールステップで、小さな成功体験を積み重ねていきながら
力を引き出し、伸ばしていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「電車クマさん」をご紹介します。

床にビニールテープなどで線路に見立てた2本の線を引きます。
2本の線の間は、25~30cmほど空けておきます。

子どもは、四つんばいから膝とお尻を上げたクマの姿勢で
線路の上に乗り、線路から落ちないように歩いていきます。
右の手足は右の線の上、左の手足は左の線の上です。

線路から落ちないように歩くことで、バランス力が身につきます。
また、足は見えない位置で動かすので、
空間認知力やボディイメージを高めることにつながります。
足は特に線から落ちやすいので、最初に見本を見せながら、
ゆっくりで良いので線路から落ちないように
慎重に歩くことを伝えます。

集中力や抑制力も必要になるので、子どもによって難易度や
環境調整を行いながら遊び、達成感、成功体験を感じられるようにし、
たくさん褒めてあげることも大事にしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る