最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達の二次障害を防ぎ将来につなげる関わりが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある人は、定型発達の人に比べて失敗体験が多くなることで
自分に自信失い、うつやパーソナリティ障害などの二次障害を
併発してしまうことも少なくありません。

周囲の理解者を増やし、「みんなと同じ」を押し付けないこと、
長所を見つけて伸ばし、興味関心のあることや得意なこと、
その子の特性を活かせるように導くことを大事にしながら、
療育活動で子ども達一人一人を支援していきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「クマの足スキップ」をご紹介します。

まずはクマの姿勢になったら、両手はついたまま動かさずに、
足だけを動かして足スキップの練習をします。
「1,2,1,2」の掛け声や手拍子で、子ども達がリズムを
取りやすいように促しましょう。

その場での足スキップがスムーズになったら、ゆっくり前に進んでみます。
前に進む時には、手は「1,2,1,2」のリズムですが
足は1回に3歩進むリズムになるので、難しくなります。
そのため、頭の中で手と足の動きに別々に意識を向けて
リズムを取りながら動かすことが必要になります。

速く進もうとすると大人でも難しいくらいなので、
ゆっくりで良いのでリズムを大事にして行なっていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る