最新情報・コラム

column

ADHDは混合型が多く、大人になっても特性は残ります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDは、不注意優勢型と多動/衝動性優勢型に分けられますが、
両方の特性が目立つ混合型が一番多いと言われています。
大人になるにつれて、体の多動性の部分は治まってきますが、
頭の中の多動は残る場合も多く、不注意特性も残ります。

そのため、早期の療育支援で症状の改善をはかり、
自分の特性との付き合い方や対処法を身に付けておくことが
今後の生活のためにとても重要なことになります。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「しっぽ取りゲーム」をご紹介します。

最初は全員が後ろにしっぽをつけて、しっぽの先が地面に
つかないように速く走ってみましょう。
次は、指導者だけが後ろにしっぽをぶら下げて走り、
子ども達が追いかけて、しっぽを取ったら勝ちです。

慣れてきたら子ども同士でやってみたり、しっぽを取った人が
次の逃げる役になるなど、少しずつ工夫して遊びます。

集団遊びでの社会性が養われ、
運動量が稼げる遊びなので、ぜひ定期的に取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る