最新情報・コラム

column

ADHDの子ども達には個々の集中力に合わせた工夫や配慮が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

注意力散漫なADHDでは、課題をやらせる時に工夫する必要があります。
環境設定はもちろんですが、子どもの興味や集中力に合わせた
課題の提供、タイミングの良い声掛けや質問をして
注意力をリセットすることも大切です。

個々に合わせた工夫や配慮で、子どもの持っている力を
最大限に引き伸ばしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの「ウシガエル」のチェック方法について
ご紹介していきます。

運動あそびの提供では、今子ども達がどこまでできているのかを
把握しておくことが大切です。
基礎力がついているのかどうかがわからなければ、
スピードをつけていいのかいけないのかがわかりません。

ウシガエルでは、スタートの時にチェックをすることができます。
ビニールテープなどで床に2本の線を引き、
線路に見立てたものを作ります。
まず手を線路の中についたら、足を揃えて右側にジャンプします。
次は線路の左側にジャンプします。
次は後ろにジャンプで下がって、足を開いて前にジャンプして進みます。

この動きが素早くできるかどうかで、自分の体をしっかり支え、
コントロールできているかがわかります。
最後の足を開いて前に跳ぶところでは、足が手よりも前に出ているかが
ポイントになるので、同時に確認します。

この動きが速くできない子は、ウシガエルで勢いをつけると
途中で転んでしまうリスクが高くなります。

1人1人に合った段階で運動あそびを提供していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る