最新情報・コラム

column

「クマ忍者の修行」で側転の練習です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

きれいな側転を習得するのは簡単ではありませんが、
少しずつ着実に力をつけながらスムーズな習得を目指しましょう。
もちろん大切なことは「楽しい」と感じることなので、
工夫しながら運動遊びの提供をしていきましょう。

運動療育プログラムの「クマ忍者の修行」をご紹介します。
腕の支持力をつけ、足を高く上げて横に跳ぶ感覚を身につけます。
まず、2枚のマットを用意して間を40センチくらい空けて並べます。
子どもはその間に入り、クマ姿勢になります。
そして、手は動かさずに足だけを右から左、左から右へジャンプします。
だんだん足を高くまで上げられるようにしていきましょう。
その時に顎が閉じていると後ろに転んでしまうので、
しっかり顎を開いた状態で行なうことに気をつけます。

慣れてきたらマットの間を離したり、マットをつなげてコースにして
前に進んでいくようにしても良いです。
腕の全体重がかかる動きなので、安全に気をつけて提供しましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る