最新情報・コラム

column

「フープ運びクマ」で抑制力を身につけながら遊びます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「フープ運びクマ」をご紹介します。

通常のクマ歩きを、お尻にフープを乗せた状態で行ないます。
お尻に乗せたフープを落とさないように慎重に歩くことで、
速くゴールしたい気持ちを抑えて感情をコントロールする力を養います。

お尻に乗せたフープは目で見ることができないので、
位置や状態をイメージしながら、全身の動きをコントロールします。
自分の体をイメージすることが難しい子が多いですが、
繰り返すことで少しずつ感覚を育てていきましょう。

そして、慣れてきたらどんどん遊びを発展させていくことで
楽しく能力アップを目指していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る