転びやすい子に「忍者ダッシュ」。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の中には、よく転んでしまうという子がいます。

その子達は、自分の体をうまくコントロールできていないことがあります。

この力も運動遊びの中で身に付けさせてあげましょう。

 

今日は「忍者ダッシュ」のご紹介です。

忍者のように足音を立てずに静かに進む遊びです。

足音を立てないように歩くには、いくつかのポイントがあります。

膝を曲げて姿勢を低くして、かかとをあげてつま先歩きで歩くと、

音を立てずに進むことができます。

この歩き方は普段と違う動きなので、体をコントロールする調整力が養われます。

忍者遊びはいろいろな種類のものがあるので、

たくさん遊びこんで力の発達を促していきましょう。

忍者に関する療育プログラムをもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください!

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る