最新情報・コラム

column

人に興味を持つことができる遊び「忍者ゲーム」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「忍者ゲーム」をご紹介します。

子どもには座布団のような物に乗ってもらい、そこから落ちないように約束します。

そして指導者は新聞紙を丸めて作った刀を持って振り回し、

「危ない!」と言って子どもの頭の上をスイングさせます。

そしたら子どもは刀に当たらないようにしゃがんで避けます。

 

次の段階では「頭」と「足」の指示で「頭」の時はしゃがむ、

「足」の時はジャンプするという動きに挑戦していきます。

これで縄跳びの上達にもつながり、判断力、瞬発力、語彙力、聞く力、集中力などがつき、

人に興味を持つことができるようになってきます。

アレンジを加えながらたくさん遊びこんでいってください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る