最新情報・コラム

column

「忍者ゲーム」で聞く力や判断力、集中力を養いましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「忍者ゲーム(座る・跳ぶ)」のご紹介です。
子ども達は少人数で横一列に並びます。
指導者は子ども達の前に立ち、新聞紙を丸めて作った刀を持ちます。
そして「頭」と言って刀を子ども達の頭の上をスイングさせます。
子どもは、刀に当たらないようにしゃがんで避けます。
次に「足」と言って刀を子どもの足元をスイングさせ、
子どもはジャンプして避けます。
何度か行なって慣れたら、「頭」「足」「足」「頭」など
ランダムにしたり、スピードを上げて遊んでみましょう。

子ども達の聞く力、判断力、集中力などが養われ、
体の柔軟性も育てることができる遊びです。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る