最新情報・コラム

column

体をコントロールする力を育てる「跳び箱フープ内着地」。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自分の体を思い通りに動かすために、目で見た情報から判断して動く
という流れを作る遊びを行ないましょう。
運動療育プログラム「跳び箱からフープ内ジャンプ」のご紹介をします。
跳び箱は2段ほどの高さにし、着地点にフープを置いておきます。
子どもは跳び箱の上に乗ったら、足を閉じたカンガルージャンプで
フープの中にジャンプします。
きちんとフープの中に着地できるように、跳ぶ前に位置を確認し、
そこに向かってジャンプするようにします。
一連の動きがしっかりできるようになると、
自分の体の動きをコントロールする力が養われていきます。

他にも、足を閉じたジャンプや着地をすることで
脚力や腹筋背筋も使うことができ、安定した歩きや走り方ができてきます。
歩いたり走ったりする時もフラフラせずに歩けるように、
下半身の力も確実に育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る