最新情報・コラム

column

形重視の「お便りコウモリ」で腕、腹筋背筋を養い逆さ感覚を育てます。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

逆さ感覚を身につけるのに小さいうちからできる「コウモリ」ですが、
少しアレンジしてさらに力の発達を促していくことができます。
「コウモリ」では、鉄棒に手と足の力でぶら下がるので
ある程度安定感がありますが、手だけでぶら下がる「お便りコウモリ」にも挑戦してみましょう。

まず鉄棒でコウモリになったら、足を鉄棒から離して顔の方に近づけます。
足は、指先に力を入れてまっすぐに伸ばします。
この時、腹筋背筋にしっかり力を入れていないと回転してしまいます。
動きを静止できるように、ゆっくり足を動かして調整しましょう。
逆さまの状態でも自分の体をコントロールし、
どんな形になっているかイメージする力を養います。

足を離すときに勢いよく回転してしまうことで、肩が脱臼する危険があります。
補助者は子どものお腹辺りに腕を回して支えられるようにしておきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る