最新情報・コラム

column

運動が苦手なアスペルガー症候群でも運動療育で改善できます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

アスペルガー症候群を含むASDなどの発達障害の子ども達は、
動きがぎこちなかったり、体のバランスを取るのが苦手なことがあります。
ボディーイメージが弱く、体の部分が今どこにどんな形であって、
どんな動きをしているかなどのことが脳に伝わりにくいためで、
全身運動だけでなく手先を細かく使うような動きも苦手なことが多くあります。

根気良く練習し、脳に伝えていくことで次第に改善してくるので
運動あそびの中で少しずつ力をつけていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムから
「走り前回し跳び」をご紹介します。
短縄跳びで前回しをしながら走っていきます。
速く走ると縄とタイミングが合わないので、ゆっくり走り、
走るスピードと縄の回転スピードを意識して行ないます。

通常の前回しでは両足でジャンプしますが、
走りながら行なうことで片足でジャンプしていくことになります。
両足ジャンプだと、跳ぶ(動)と着地(静)の
メリハリがはっきりしているのでやりやすいのですが、
走りながらだと常に動いている状態になるので、難易度が上がります。

だんだんリズムを感じながらできるように、
長めの距離でゆっくりなリズムから挑戦していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る