最新情報・コラム

column

ASDの中には空間認知能力が弱い子ども達がいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

空間認知能力とは、物の形や大きさ、距離、方向などを正確に把握し、
認識する能力です。
この能力が低いと、スポーツが苦手だったり、
よく物や人にぶつかる、よく転ぶ、字や絵をかくのが苦手
ということが見られます。

たくさん体を動かして遊ぶことでも空間認知能力を
鍛えることができるので、工夫した遊びで力を養っていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「動物フープ渡り」をご紹介します。
複数のフープを、少し間隔をあけながら並べます。
このフープを上を、フープに当たらないように気をつけて
クマ歩きやかえるジャンプ、カンガルージャンプなどの
動物に変身して進んでいきます。

フープ同士の間が空いていることで空間認知力を養うことが
できますが、あまり空けすぎるとバランスを崩して
転んでしまうことがあるので気をつけます。
また、直線だけでなく斜め方向にも進むことができるように
コースをアレンジしていきましょう。

この遊びは速く進むことよりもフープに当たらずに
正確に進むことが大切なので、
そんな動機付けをしながら提供していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る