最新情報・コラム

column

発達障害児に必要な柔軟な思考を養う遊びです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDなどの発達障害があると、「自分で判断する」ことが難しいので、
日常生活の中での困りごとがたくさんあります。
声掛け1つでもパニックになったり、
スムーズにできていたことができなくなってしまったりするので、
適切な指示や環境調整などがとても大切になります。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している運動療育プログラムの
「グーチョキパー」遊びをご紹介します。
子ども達と向かい合って座り、グーチョキパーを出して遊びます。
まずは指導者と同じになるように、真似をしながら行ってみましょう。

慣れてきたら「グーチョキパー」の順番だけでなく、
「チョキグーパー」などにしてやってみると、
順番が変わることで前頭前野が活発に働き、
柔軟な思考を養うことにつながります。
できる範囲で、行なってみましょう。

他にもリズムを速めたり、足を使って出してみたりしながら、
レベルアップしていき、いろいろな遊びにアレンジしてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る